“call” は「電話する」だけじゃない

「そのシャツ、痩せて見えるね」って英語でなんて言う?
“Thank you” だけじゃない「ありがとう」
自己紹介での意外な落とし穴

スポンサーリンク

「電話してね」って英語で何て言いますか?
“Call me” や、その他にも “Give me a call” もあります。

「電話するね」も “I’ll call you” や “I’ll give you a call” もよく使われます。

こういった「電話をかける」という表現では必ずと言っていいほど登場する “call” ですが、実は電話とは全く関係のないシチュエーションでも使われることがあるんです。

“call” ってどんな意味?

「電話をかける」の他に、もう一つよく知られた使い方がありますよね。

例えば自己紹介で “I’m Matthew. Please call me Matt(僕、マシュー。マットって呼んでね)” のように使われる “call” があります。

他には、物の英語名が分からない場合に “What’s this called in English?(これって英語で何て言うの?)” と尋ねることもできますが、ここでも “call” が出てきます。

これらの「〜と呼ぶ」という意味で使われる “call” は馴染みがありますよね。

では、お店でもらったレシートの下に “Thank you. Please call again” と書かれてあったら、どんな意味だと思いますか?

「電話する」とは無関係の “call”

私はこの “call” の使い方を以前の職場でよく耳にしました。

スポンサーリンク

以前働いていたのは山奥のカフェが併設された温泉施設だったのですが、外から見ると何のお店なのかよく分からない感じだったので、何も知らずに入ってくる人や、見学・冷やかしのお客さんもよく来ました。

そんな人に “How can I help you?” と尋ねると “I just thought I’d call in” と言う人が多かったんです。

あるいはカフェでゆっくりしているお客さんと話をする機会も多かったのですが、”This is a lovely place to call in for coffee” と言われることもありました。

そんな “call in” って一体何なのでしょうか?

イギリス英語ではよく耳にする

早速 “call” をオックスフォード新英英辞典で調べてみると、お馴染みの「電話をかける」などといった意味の下に、こんな意味が載っていました。

《chiefly Brit.》(of a person) pay a brief visit

と、主にイギリス英語では「ちらっと立ち寄る」といった意味合いで “call” が使われることがあるんです。

ショップや飲食店のドアに “Sorry, we’re CLOSED. Please call again” という小さい看板がかかっているのを目にしますが、これは「また電話してね」ではなく「またお越しください」的なニュアンスになります。

Closed sign

また、お店でもらうレシートにも “Thank you. Please call again” と書かれているのをよく目にしますが、これも「またのお越しをお待ちしています」といった感じの意味合いで、電話とは全く関係ありません。

“call = 電話” というイメージしかないと、ちょっと理解しがたい表現ですよね。

仕事関係で覚えておきたい “call” の使い方

他にも、よく使われる定番表現に “call in sick” というのがあります。

これは電話に関係しているのですが、病気で休みますと職場に電話をすることを指します。例えば、

“Have you seen John?(ジョン見かけた?)”
“He called in sick today(病気で休むって電話があったよ)”

といった感じで使います。
「病気で休みます」と電話を入れること自体が “call in sick” なので、実際のところは本当の病気ではなくて仮病でサボるために “call in sick” をする人もいます。

これは定番中の定番のフレーズなので覚えておくと役に立ちますよ!今回紹介した「立ち寄る」の “call” と一緒にぜひ覚えてくださいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS