話を切り上げたい時、どうすればいい?

電話番号、西暦、クレジットカード番号…英語で言えますか?
意外と盲点?「メールするね」を英語で
“Sorry” って言われたら何て返す?

スポンサーリンク

誰かと話していて、会話を切り上げたい時って皆さんどうしていますか?

上手に会話を終わらせることができる人もいれば、なかなか上手く切り出せなくてズルズル長引いてしまったり・・・ということもあると思います。

それが英語の会話となったら、ますますハードルが高く感じてしまうかもしれません。

今日は、話を終わらせる時のフレーズやポイントをいくつか紹介してみたいと思います。

人と会話を楽しむ文化

私はニュージーランドで生活をするようになってから、接客業を長くしていました。その中でも私が一番楽しいと感じていたのは、お客さんと話をしている時間です。

日本の接客業のスタイルとは違い、ニュージーランドでは店員とお客さんがフレンドリーに話をするのは至って普通のことで、それほど忙しくなければずっと話している、ということもあります。それが良いか悪いかはまた別の話です。

お客さんも「店員さんの仕事の邪魔をしちゃいけない・・・」と変に気を遣うのではなく、人と会話するということを楽しんでいる人が多いです。

自分が仕事中にお客さんと話したり、逆に自分がお客さんとして店員さんと話していて感じたのは、他人と会話を始めるのも上手だけど、話の切り上げ方も上手い人が多いということでした。

また、友だちと会っていても時間になったらサッと会話を切り上げて帰って行くのが上手な人もいます。

まずは、そんな時に使える役立つフレーズを見てみましょう。

スポンサーリンク

「そろそろ行かなきゃ」

会話を切り上げて「そろそろ行かなくちゃ」と表現したい場合に私が一番よく耳にするのは “I have to go” です。

その他にも “I gotta go” という表現もあります。イギリス英語圏のニュージーランドではそれほど頻繁に使われることはありませんが、”gotta” は “have got to(〜しなくちゃ)” を省略したもので、カジュアルな口語で登場します。

その他にも、少しずつ表現は違いますが、色々なフレーズがあります。

I have to go now.
I’ve got to get going.
I gotta get going.
I gotta go now.
I should get going.
I should head off.
I’d better get going.
I’d better go.

どれも、会話の切れ間を見計らって、時計を見たりしながらさりげなく言う感じにすると自然ですが、最初に “Well,” を付けることで、よりナチュラルな感じが出せます。

A quick hug before heading off to work on a Batavus Breukelen
© Umberto Brayj

もう一言が結構大事

上のフレーズで「もう行かなくちゃ」ということは伝えられますが、これだけだと何か素っ気ないカンジがしませんか?

私が感じたのは、これらのフレーズだけでなく、その後に言うちょっとした一言が大事だなということです。特に見知らぬ人と楽しく会話をした後にはなおさらです。

例えば、よく耳にするのは “It was nice talking to you” ですが、こう言われると嬉しいものですよね。たとえお決まりのフレーズだとしても、去り際にひと言あるのでは印象が違うように感じます。

“Well, I enjoyed talking with you” なども言われて嬉しい言葉だと思います。

普段からよく会っている友達なら “See you!” や “See you later”、”Talk to you later”、”See you tomorrow” などの方が自然かもしれません。

でも、そうではない場合には「お話できてよかったわ」というのは素敵な締めの言葉だと思いませんか?

他にもある、会話を終わらせるフレーズ

電話で話していて、そろそろ切りたいなという場合には “I’d better let you go” と言う人もいます。

こんな場面で “let” を使うのが英語っぽいですよね。

私が職場でお客さんと話していて、他のお客さんが来てしまった時に “I’d better let you go” とお客さんのほうから会話を終わらせてくれたこともありました。

また、カフェで店員さんと話していて他のお客さんが来た時に “I’ll let you enjoy your coffee” とにこやかに言って仕事に戻って行った店員さんもいました。

どのフレーズを使ったらいいかは一概には言えないので、会話を楽しんだけど行かなきゃいけないんだ、という気持ちが伝わるように気持ちを込めるのが大切ですね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS