“Good on you!” ってどんな意味?

「必ずしも〜である必要はない」って英語で何て言う?
“Why” と “How come” はどう違う?
“How about” と “What about”、どう違う?

スポンサーリンク

私がニュージーランドで生活を始めて少し経った頃、周りのネイティブスピーカーが “Good on you!” というフレーズをとってもよく使うことに気が付きました。

しかも、”good” も “on” も “you” も知っている単語なのに “Good on you!” になると、意味も使い方もイマイチよく分からなかったんです。

今回はそんな “Good on you!” って何?というお話です。

話題になったニュースから

“Good on you” の意味を紹介する前に、ニュージーランドで以前話題になったニュースを1つ紹介したいと思います。

そのニュースとは、ニュージーランドに住む、あるインド人の若者の行動を讃えるものです。

この男性は、宗教上の理由で人前では絶対にターバンを取ることのないシク教徒なのですが、交通事故に遭った見ず知らずの子供の止血をするために、宗教上のしきたりを破って自分のターバンを頭から取って使いました。

(詳しくはNew Zealand HeraldのSikh puts religious rule aside to help boyの記事が分かりやすいです)

この男性が取った行動がニュースで大きく取り上げられ、それを報じた各新聞社のFacebookページには、ものすごい数のコメントが寄せられました。

それらのコメントの中にたくさん出てきたのが、今回取り上げる “Good on you!” なんです。

“Good on you!” の使い方は?

寄せられたコメントを見てみると、いろんな事が書いてあります。

スポンサーリンク

短いものを書き出してみると “Much respect”、”Awesome”、”Well done”、”Good man”、”Amazing” など、様々な言葉で彼の行動を称賛しています。

そして、それらに並んで多く登場するのが “Good on you!”、”Good on you mate!”、”Good on him!” というフレーズです。

これで “Good on you” の意味は何となく推測できるかもしれませんが、”Good on you” とは「よくやった!」「でかした!」と、誰かの行動などを褒める時によく使われます。

今回ニュースになった、この男性がした事に対してみんなが「よくやった!」と褒めているんですね。ニュージーランドやオーストラリアでは “Good on ya” と書かれることもあり、そんな感じで発音する人も多いです。

Thumbs Up

“Good on you”? “Good for you”?

辞書には “Good for you” と書かれていることもあり、ニュージーランドやオーストラリア以外では誰かに対して「よかったね!」と言う場合に “Good for you” が使われるようです。

例えば、友達がテストに合格したような場合。

ニュージーランドでは、誰かに「よかったね!」「おめでとう!」と言う場合にも “Good on you!” が使われることが多いです。

また、上のニュースに対するコメントにもあるように、相手に直接言わない場合には “Good on him/her” のように形を変えて使えます。

さらに、ニュージーランドやオーストラリアでは、本来ちょっとした “Thank you” と言う場面でも “Good on you” が登場することがあります。

例えば、私がカフェで働いていてお客さんにコーヒーを出した時や、お釣りを渡しただけでも “Good on you!” と言われることがありました。

こんな場合の “Good on you” は「よかったね」でも「よくやった!」でもないので、深く考えなくても大丈夫です。

アメリカではあまり使われない?

今回紹介した “Good on you” はアメリカでは、地域によってほとんど使われないようです。

いくつかの英語で書かれたサイトを見てみたのですが「アメリカでは “Good on you” なんて聞いたことがない」という人もいたりするので、英語圏の国だから必ず通じる、というものでもありません。

ニュージーランドやオーストラリアではしょっちゅう耳にするので、これらの国で生活をしている方やこれから生活or旅行する予定の方は、覚えておいて絶対に損はない表現です!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS