直訳できない?英語のいろんな「おめでとう」

英会話に「瞬発力」は必要か?
“tell” を使わない、会話でよく使う「教えて」
“Good on you!” ってどんな意味?

スポンサーリンク

誕生日、就職、結婚・・・などなど、人に「おめでとう!」と言う機会って、ちょこちょこありますよね。

そんな「おめでとう」、英語ではどんな風に表現すればいいのでしょうか?

海外の友達とのメールやSNSにも役立つ、いろんな「おめでとう」を紹介します!

「おめでとう!」の定番

「おめでとう」を和英辞典で調べてみたら、”Congratulations!” が一番最初に出てきました。

耳にしたことがある方も多いと思いますが、略してカジュアルに “Congrats!” なんていうふうにも言います。

そんな “Congratulations!” ですが、実はどんな「おめでとう!」にも使えるわけではないんです。

試しに、動詞の “congratulate” をオックスフォード現代英英辞典でひいてみると、

to tell somebody that you are pleased about their success or achievements

と書いてあります。誰かが成功を収めたり、何かを達成・成し遂げた場合などに言うんですね。

また、成功・達成という大それたことでなくても、その人の意思で何かをしていい結果になった場合にも使えます。

スポンサーリンク

なので、”Congratulations!” は就職・昇進・合格・婚約・結婚・妊娠・出産などの「おめでとう!」だけでなく、宝くじに当たったり新築祝いなんかにも使います(笑)けっこう幅広く使える言葉ですね!

具体的には、こんな感じで “Congratulations/Congrats on (your) 〜!” で表します。

  • Congratulations on your marriage!
  • Congratulations on your new baby!
  • Congratulations on your promotion!
  • Congratulations on your new home!
  • Congratulations on winning the lottery!

また、定年で退職する人に対して “Congratulations on your retirement!” なんていうメッセージを送ることもあります。

でも「おめでとう!」と言う場面は、これだけではないですよね。

毎年やって来る「おめでとう」

例えば、誕生日・結婚記念日などの毎年やってくる「おめでとう」には “Congratulations!” は使いません。誕生日には “Happy Birthday!” と言いますよね。

こんな、放っておいても毎年やってくる記念日的なものには “Happy 〜!” を使うのが定番です。結婚記念日には “Happy (Wedding) Anniversary!” とカードに書いたりします。

そんな “Happy 〜!” ですが、実は日本語で「おめでとう」と訳すのはちょっと馴染まないなぁ・・・という場合があるんです。

実は昨日、ニュージーランドでは父の日でした。

いろんなところで “Happy Father’s Day!” というフレーズを目にしたのですが、これを「おめでとう!」と訳すのは違和感がありませんか?「父の日おめでとう!」とは言わないですよね。

FATHERS DAY RANGE RACK LANDSCAPE 2

他にも、”Happy Mother’s Day!”、”Happy Valentine’s Day!”、”Happy Easter!”、”Happy Halloween!”、クリスマスの “Happy Holidays!” など、どれも「おめでとう!」と訳してしまうと気持ち悪くないですか?

でも、こんなオックスフォード現代英英辞典の定義を見れば納得です。

if you wish somebody a Happy Birthday, Happy New Year, etc. you mean that you hope they have a pleasant celebration

「おめでとう!」という訳にとらわれず、こういった場合には “Happy 〜!” でお祝いする、という感覚で理解しておくのがいいのではないかと思います。

他にもある「おめでとう」

“Best wishes” も、お祝いメッセージでよく使われるフレーズです。

“Best wishes on your birthday!” や “Best wishes on your wedding day!” なんて書かれたカードをよく見かけますが、基本的に “Best wishes” は書いて伝える時の「おめでとう」になります。

ちょっと日本語にするのが難しいですが、”Best wishes” とは、これからたくさんの幸せや幸運、成功がやって来ますように、と祈るフレーズです。

また、特別な単語を使わない “I’m so happy for you!” もとてもよく使われる表現です。

これは、私もとても嬉しいよ!といったニュアンスで、相手にとっておめでたい話やいい知らせを聞いた時に使う「おめでとう!」「よかったね!」の感じです。

“I got engaged yesterday!” “Congratulations! I’m so happy for you!” のように “Congratulations” と合わせて使うことも多いですよ。

何かを頑張った人に言う “I’m so proud of you!” も頻出フレーズです↓

“s” を忘れないで!

今回紹介した中でも、”Congratulations!” はやはり出番の多い表現だと思います。

以前に複数形の “s” に秘められた気持ちのコラムでも紹介しましたが、”Congratulations!” のsを忘れないように注意してくださいね。

お祝いのメッセージって、英語で書くとなると何て書いていいのか悩みがちですが、堅苦しすぎないナチュラルなフレーズは海外の有名人のSNSなどでもたくさん学べるので、ぜひ参考にしてみてください!

結婚・妊娠・出産にまつわる英語表現

「おめでとう」に関連して、結婚・妊娠・出産にまつわる英語表現を紹介したコラムも合わせてご覧ください!

■意外と間違えやすい「結婚する」「〜と結婚する」「結婚している」の英語表現の使い分け↓

■「いま妊娠何ヶ月ですか?」「性別はどっちかもう分かってますか?」を尋ねる時にネイティブが使うフレーズ↓

■「子どもを産む」「出産する」を表すナチュラルな表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS