“A&E” の意味とは?何の略?

“fruit(果物)” って数えられる?数えられない?
習うより慣れろ!意外と大切な英語の語順
英語で人の外見を表現できますか?

スポンサーリンク

私たちが普段生活をしている中で、意識せずに「省略した言葉」を使っていることって結構あると思います。

例えば「リモコン」「メルマガ」「ワンオペ」「パワハラ」と言われれば何のことか分かりますよね。でも、この言葉を知らない人にとっては、ちんぷんかんぷんです。

今回は、私がニュージーランドで生活していて「さて、何のこと?」となった「A & E」という略語を紹介したいと思います。

“A&E” ってどんな意味?

私の子どもがまだ小さい赤ちゃんの頃、新米ママ(パパ)と赤ちゃんが通うクラスのようなものに行っていました。

そこで出会ったのが、この “A&E” という単語です。

ある日のテーマで、先生がこう言いました。
「隣の人とペアになって、どんな時に赤ちゃんをA&Eに連れて行けばいいと思うか話し合ってください」と。

さて、困りました。私には “A&E” が何のことか、さっぱり分からなかったんです。

その場にいた私以外のニュージーランド人のお母さんたちは、もちろん、何の問題もなく “A&E” が何か分かっている様子でした。

スポンサーリンク

“A&E” という単語、みなさんはご存じでしょうか?

“A&E” は何の略?

私はその時、隣に座っていたお母さんに「”A&E” って何?」と聞きました。そうすると、こんな意味だと教えてくれました。

Accident and Emergency

日本語で言う、病院の「救急外来」「救急部門」のことです。”A&E department” と言われることもあります。

これはイギリス英語でよく使われる表現なので私は知らなかったのですが、アメリカ英語の “ER” と言えばどんなものかイメージしやすいかもしれませんね。
ちなみに、”ER” とは “Emergency Room” の略です。

ニュージーランドでは日本と違って、医者に診てもらいたい時にはどんな症状でも、まずホームドクター(イギリス英語では “GP=General Practitioner”)の予約を取ります。

でも、事故に遭った時や命に関わるような急を要する時は、のんびり予約は取ってられませんよね。あるいは夜間はホームドクターはやっていません。そんな時に緊急で行くのが “A&E” です。多くは病院(hospital)の一部門になっています。

  • I took my son to A&E last night.
    昨日の夜、息子を救急に連れて行きました
  • Should I go to A&E?
    救急に行ったほうがいいかな?
  • He was taken to A&E.
    彼は救急外来に運ばれた

みたいな感じで使うので、イギリス英語圏に住んでいる方やこれから行かれる方は、頭の片隅に覚えておいて損はないかもしれません。

Warwick Hospital - Road sign

スポンサーリンク

「夜間」「時間外」って英語でなんて言う?

ついでに「夜間救急」「時間外外来」の英語表現を少し紹介しましょう。

“A&E” は夜間・休日・時間外もやっていることがほとんどなので「夜間救急」「時間外」も “A&E” で伝わります。もしくは「時間外」という意味を表す、

after hours / after-hours

でも表せます。”after hours” は「時間外に」、”after-hours” は後ろに名詞を持ってきて「時間外の〜」という意味で使われます。

  • I went to an after-hours clinic/medical centre.
    夜間救急病院に行った
  • I was advised to go to A&E as it was after hours.
    時間外だったので、救急に行くように言われた

ちなみに、この “after-hours 〜” は、知っていると結構役に立つ単語です。

「時間外(夜間)入り口」は “after-hours entrance”、図書館の「時間外返却口」は “after-hours slot”、レンタカーなどの「時間外の返却」は “after-hours drop off / return” のように表せますよ。

病気・病院にまつわる英語コラム

以下のコラムでは、海外で体調が悪くなった時に役立つ単語や英語表現を紹介しています。ぜひあわせてご覧ください!

■「病院に行く」を “go to hospital” と言っていませんか?↓

■「薬」と「薬局」、そして「処方箋薬」「一般市販薬」などの英語表現を紹介しています↓

スポンサーリンク

■「風邪薬」「解熱剤」「痛み止め」など、代表的な薬の英語表現はこちら↓

■「食あたり」「食中毒」、海外でなりたくはないですが…

■”diarrhoea” をオブラートに包んだ言い回しはこちら↓

■「インフルエンザにかかる」など、インフルエンザ・風邪にまつわる表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS