“What do you say?” で表す「どう思う?」

覚えておきたい!英語で誘いを上手に断るテクニック
“speak” と “talk” の違いは何?
「歩きスマホ」「ながらスマホ」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

誰かと話していて、相手の意見を聞きたい時って「どう思う?」と言いますよね。

これを英語で言うとしたら、どんなふうに表現しますか?

最もポピュラーな言い方では、”What do you think?” がありますよね。
でも、よく使われる表現が他にもあるんです。

それは、”think” の代わりに “say” を使った “What do you say?” です。

「意見を述べる」という意味の “say”

ネイティブがよく使う「どう思う?」の1つに、

What do you say?

があります。でも、なぜここで “say” が出てくるのでしょうか?”say” は「言う」という意味でしたよね。
そこで、またいつものオックスフォード現代英英辞典を引いてみると、こんな定義がちゃんと書かれていました。

(informal) to express an opinion on something

「(何かについて)意見を表す、述べる」といった意味も “say” にはあるんです。
なので、”What do you say?” が「どう思う?」になるんですね。

スポンサーリンク

“What do you say?” の使い方

“What do you say?” は “What do you think?” よりもカジュアルですが、意味としてはほぼ同じなので、”What do you think?” の代わりに使うことができます。

でも、私が一番よく耳にするのは相手を何かに誘う時です。例えば、こんな感じです。

  1. Let’s order delivery. What do you say?
    出前とろうよ。どうかな?
  2. What do you say we grab a drink tonight?
    今夜飲みに行かない?
  3. What do you say to eating out tonight?
    今夜は外でゴハン食べない?

“What do you say?” は単体でも使えますが、文章に組み込むこともできるんですね。

例文2のように後ろに文章が続いたり、例文3のように “to+名詞” を続けることもできます。”to” の後ろは必ず名詞なので、動詞を使う場合は “-ing” にするのを忘れないでくださいね。

What Do You Think?

“I’d say” も覚えておきたい

この「意見を述べる」という意味の “say” を使った表現で、ネイティブが「〜だと思う」と言うときによく使うフレーズがあります。それが、

I’d say 〜(=I would say 〜)

です。”I’d say 〜” の「〜だと思う」はハッキリ言い切る感じではなくて、ちょっと推量が入ったあやふやな感じや「(他にも違う意見はあるかもしれないけど)私は〜と思う」「おそらく〜だと思います」というニュアンスがあるので、”I think 〜” よりも控えめな柔らかい表現になります。例えば、

  • I’d say there were about 200 people at the party.
    パーティーには200人ぐらいいたと思うよ
  • Do you think the new iPhone is worth the price? −I’d say so.
    「新しいiPhoneって値段に見合った価値があると思う?」「そう思うよ」

のような感じですね。

スポンサーリンク

ハッキリと言い切りたくない時に “I think” を使っている方もいると思いますが、とても柔らかい印象を与える “I’d say 〜” もぜひ使ってみてくださいね。

「言う」だけじゃない “say”

今回紹介した「〜と思う」を表す “say” は口語でとてもよく出てきます。

“say” は「言う」だけではないので、会話の途中でちょっと違和感のある “say” に出会ったら、この「〜だと思う」という意味を疑ってみてくださいね。

■提案するときの “Shall we say 10?” や “Say 10 o’clock?” のような “say” の使い方はこちらで紹介しています↓

■「何か意見はありますか?」というニュアンスの「どう思う?」はこちら↓

■カジュアルな「どう思う?」の表現はこちらで紹介しています↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS