「クッション」は英語で “pillow”?

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

スポンサーリンク

“pillow” ってどんな意味?と言われると、なんて答えますか?

多くの人は「」と答えるのではないかと思います。

でも、”pillow” が必ず「枕」を意味するとは限らないんです。

今回は、私が初めて知った時にはちょっとビックリした “pillow” の意味にまつわるお話です。

この記事の目次

“pillow” の意味とは?

早速、”pillow” の意味を英英辞書で調べてみました。すると、まず最初にこんな意味が書いてあります↓

1. a rectangular cloth bag filled with soft material, such as feathers or artificial materials, used for resting your head on in bed

Cambridge Dictionary

羽毛などの柔らかい素材が詰まった長方形の布の袋で、ベッドで頭を乗せるために使われる…。これは皆さんご存じの「枕(まくら)」の意味ですよね。

It's all a dream ...

©︎Tim Green

もう少し読み進めてみると、2つ目の意味が出てきました。

2.  (US) a cushion

そうなんです。
“pillow” は「枕」ではなくて「クッション」の意味で使われることもあるんです。

スポンサーリンク

“pillow” で表す「クッション」

“pillow” が「クッション」の意味で使われるのは、辞書にも書いてあるようにアメリカでの使い方のようです。

私が住んでいたニュージーランドはイギリス英語寄りなので、いわゆる「クッション」は “cushion” と呼びます。そんな中、”pillow” と呼ぶ人に初めて出会った時は衝撃でした。

私がまだ「pillow=枕」の意味しか知らなかった頃、当時働いていた宿泊施設で、お客さんが部屋のソファの上に置いてあった和柄のクッションを “beautiful pillows” と言っているのを聞いた時には、ギョッとしました。

日本人なら絶対に「クッション」と呼ぶようなものを “pillow” と呼ぶことに、とても違和感があったのを覚えています。

では、アメリカ英語では “cushion” とは何を指すのでしょうか?オックスフォード米語辞典には、こんなふうに書かれています。

a pillow or pad stuffed with a mass of soft material, used as a comfortable support for sitting or leaning on

クッションだけではなく、上に座って使うものや、ふかっとしたパッドのようなものに使うんですね。

“bed pillow” と “throw pillow”

アメリカ英語では「枕」のことを “pillow” もしくは “bed pillow” と呼ぶそうです。

また、”pillow” はクッション全般に使えますが、”throw pillow” と呼ばれるものもあります。これはソファやベッドに置くちょっと小さめの、カバーの生地や装飾がおしゃれなインテリアとしての要素が強いクッションのことです。

75337

©︎lozikiki

スポンサーリンク

イギリス英語では「クッション」は “cushion” なので、”pillow” はベッドで使う「枕」の意味で使うことの方が多いかなと思います。

「枕カバー」「低反発まくら」「抱き枕」「授乳クッション」の英語表現

最後にちょっと枕関連のボキャブラリーを。

枕カバー」は “pillow cover” ではなく “pillowcase”、「低反発まくら」は “memory foam pillow”、「抱き枕」は “body pillow” なんていうふうに呼ばれます。

さらに、赤ちゃんに授乳をする時に使う、アルファベットのCのような形をした「授乳クッション」も “pillow” を使って “nursing pillow” や “(breast)feeding pillow” のように言いますよ。

では、柔らかい枕は “soft” ですが、固い枕は英語で何と言うでしょうか?

正解は… “firm” です。”hard” ではないのでご注意を。

こちらのコラムもあわせてどうぞ

■「ボックスシーツ」は英語で通じない?海外でよく見かける “flat sheets(フラットシーツ)” についても紹介しています↓

■睡眠にまつわる英語表現はこちらでも紹介しています↓




よければシェア・保存してね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の目次