Home英語コラム

「行方不明の、安否不明の」って英語でなんて言う?

覚えておきたい “pop” の意味と便利な使い方
“look” と “look like”、使い分けられてますか?
「うるう年」を英語で言えますか?

スポンサーリンク

フロリダのマイアミ郊外で起こった、マンションの崩落。そんなことがあるのかというほど、とてもショッキングなニュースでした。

今回は、そのニュース報道・新聞記事でとてもよく出てきた「行方不明の、安否不明の」を表すフレーズを紹介したいと思います。

“missing” も使われていますが、その他にとてもよく使われているフレーズがあるんです。

一体、どんなフレーズだと思いますか?

「行方不明の、安否不明の」は英語で何?

このニュースの報道では、例えばこんなふうに伝えられています↓

・One hundred and fifty-nine people were still unaccounted for two days after Thursday’s collapse, which killed at least four. −New Zealand Herald

・A total of 159 people are now unaccounted for – and at least four people have been killed – following the collapse of an apartment building in Florida. −sky news

・Hopes are fading for the 159 people still unaccounted for. So far, five deaths have been confirmed. −BBC

知らない単語があっても、このニュースを知っていれば、だいたいどんな意味かは想像できると思います。

159人が “still unaccounted for” だと書いてありますよね。この “unaccounted for” こそが「行方不明の、安否不明の」を表す時によく使われるフレーズなんです。

“unaccounted for” の意味と使い方

“unaccounted for” というフレーズ、英英辞典にこんな分かりやすい解説がありました↓

If a person is unaccounted for, it is not known where they are or whether they are still alive

Cambridge Dictionary

“be unaccounted for” で「どこにいるのか分からない、まだ生きているのかどうか分からない」、つまり「行方不明の、所在がわからない、安否不明の」という意味になるんですね。

スポンサーリンク

つまり、上に出てきたニュース記事の文章は「159人が未だに行方不明、安否が分かっていない」ということになります。

この “be unaccounted for” は大きな災害や事故があった時の報道では、”missing” と並んで、とてもよく使われる表現です。

例えば、過去に起きた災害の報道では、こんなふうに使われていました↓

  • Rescue teams are searching for dozens of people who are unaccounted for. −BBC
    救助隊は何十人もの行方不明者を捜索しています
  • More than 50 people were unaccounted for as of Tuesday morning, −TIME
    火曜朝の時点で51人以上もの人の安否不明でした

“account for” の意味とは?

でも、なぜ “be unaccounted for” が「行方不明の、安否不明の」という意味になるのでしょうか?

実は動詞の “account” は、”account for” というフレーズで使われることがあります。

これには幾つかの意味があるのですが、その一つにこんな意味があるんです↓

to say where all the members of a group of people or things are, especially because you are worried that some of them may be lost

ロングマン現代英英辞典

日本語にするのがちょっと難しいですが「(人や物の)所在をはっきりさせる、所在を明らかにする」というイメージです。

これが受け身になり、否定形で使われると “be not accounted for” になるのですが、この”not accounted” が “unaccounted” になったのが “be unaccounted for” になるわけです。

スポンサーリンク

“be unaccounted for” はニュースでよく出てくるので、ぜひ覚えておいてくださいね。

災害時によく使われる英語表現

■今回のような建物の崩壊には “debris” という表現もよく出てきます↓

■「高台に避難する」「川に近づかないで」は英語でなんて言う?

■「停電」「断水」を英語で言うと?

■「大災害から〜年」「あれから〜年」を英語で言うと?

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS