“BYO”、”BYOB” って何の略?どんな意味?

“Hi there” の意味は? “there” って何?
「予定がある・ない」「予定ある?」って英語でどう言う?
「インフルエンザにかかった」って英語でなんて言う?

スポンサーリンク

海外に行ったときに、レストランで “BYO” や “BYOB” という表記を見たことがありませんか?

また、友人からパーティーに誘われて「”BYOB” だよ」と言われた場合、何を意味するのでしょうか?

今回は、それ以外にも日常生活でよく使う “BYO” にまつわる英語表現を紹介します!

“BYO” って何の略?

まずは “BYO” が何の略なのかを見てみましょう。
“BYO” は “B.Y.O” と書くこともありますが、これは、

Bring Your Own

の略で、直訳すると「自分自身のを持って来てね」です。

では、自分の何を持ってくるのかと言うと、レストランに “BYO” とある場合には「お酒」です。”BYO” は「お酒の持ち込みOKですよ」という意味になります。

持ち込み料(”corkage” もしくは “corkage fee”)を取ったり、ワインだけに限定しているお店も多いですが、食事と一緒に自分で持ち込んだお酒を楽しむことができます。

レストランが “BYO” をするのは、お酒を販売するライセンスを持っていないからという場合が多く、”BYO” ができるレストランを “BYO restaurant”、ちゃんとお酒を提供できる免許を取得しているレストランを “fully-licensed restaurant” などと呼ぶこともあります。

スポンサーリンク

“BYOB” とは?何の略?

“BYOB” も “BYO” と同じようにレストランに書かれていることもあれば、パーティーを開くときに “BYOB” にすることもあります。

その “BYOB” とは、

Bring Your Own Bottle

の略です。この場合の “bottle” も「お酒」を表していて、”BYOB” のパーティーとは、主催者がお酒を準備していないので「各自持参してね」というシステムです。

ちなみに、”BYOB” の最後の “B” は “booze(お酒)” や “beer” を意味することもあります。

BYOB

他にもある “Bring Your Own 〜”

その他にも、特に略語にはなっていないものの、”Bring Your Own 〜” は身近なところでよく使われます。

例えば、近年の世界的な流れとして、使い捨てのものを排除していこうという取り組みがありますよね。

スターバックスが2020年までにプラスチック製ストローの廃止を決定したり、すかいらーくも国内の外食産業では初めて、使い捨てプラスチック製ストローの廃止を決めて話題になりました。

スポンサーリンク

ニュージーランドでも、政府が使い捨てビニール袋(single-use plastic bags)の使用を今後1年以内に全面禁止にすると発表したこともあり、スーパーからレジ袋が次々と姿を消し始めています。

そんな流れの中でよく使われるのが、この “Bring Your Own” という表現です。

  • Bring your own bag
  • Bring your own basket

のように、スーパーからお客さんに向けた「マイバッグ(マイかご)を持参してくださいね」というメッセージにも “Bring Your Own 〜” はとてもよく使われています。

日本語の「マイ◯◯」を表す “my/your own 〜”

「マイバッグを持参してください」が “Bring your own bag” になるように、日本語で言うところの「マイ◯◯」は “my/your own 〜” で表すことが多いです。

ゴミ削減に向けてコーヒーのテイクアウェイに「マイカップ」を推奨しているカフェもありますが、そんな場合も、

  • Bring your own (coffee) cup
    マイカップを持参してください
  • Bring my own cup
    マイカップを持参する

になります。「マイ箸を持参する」も “bring my own chopsticks” と言えますよね。

こんなふうに、”BYO” や “BYOB” だけではなく、今後ますます使う機会が増えそうな “Bring your own 〜” の使いかたもぜひ覚えておいてくださいね!

■”Bring your own 〜” の “bring” の部分を、別の動詞に入れ替えて使うこともあります↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS