絶対に覚えておきたい!「目」を使ったイディオム

“would you like” ネイティブは実際にこう使う
英語にもあった!「ドタキャン」の表現
「自殺する」を表す3つのフレーズ

スポンサーリンク

人に何かを「(注意して)見ておいてもらえますか?」とお願いしたり、逆に「(気にかけて)見ておくね」と言ったりすることってありますよね。

例えば、席を離れるちょっとの間だけ荷物を見ててもらいたいという場合や、逆に荷物を見ておいてあげるというシチュエーションですね。

他にも、海外旅行などで家を長期間留守にする間、隣の家の人に少し気にかけておいてもらいたい…というようなこともあるかもしれません。

今回はそんな、ちょっと「注意して見ておく」「気にかけておく」「目を光らせておく」といった意味でよく使われる、”eye(目)” を使ったフレーズを紹介します!

「ちょっと荷物を見ててもらえますか?」は英語で?

例えば、一人で旅行中にカフェやレストランに入った時。トイレに行く間、皆さんは荷物はどうしますか?

荷物がほとんどなければそのままトイレに行けますが、大きい旅行カバンや荷物があった場合、たとえ短い間でも荷物をその場に残して離れるのは不安ですよね。

誰かが一緒にいれば荷物を見ててもらえますが、一人ならそんな訳にもいきません。

基本的には海外で荷物を放ったらかしにすると盗まれる危険があるので、絶対に安全とは言い切れませんが、店員さんにこう声をかけておけば安心な場合もあります↓

  • Can you keep an eye on my bag for a minute?
  • Can you keep an eye on my stuff while I go to the bathroom?

オックスフォード現代英英辞典から引用すると、”keep an eye on 〜” で、

to take care of somebody/something and make sure that they are not harmed, damaged, etc.

という意味になります。
上のようなシチュエーションで使うと、荷物を置いてその場を少し離れるので「取られないように見ておいてね」ということですね。

他にも似たような表現で “Can you watch my bag?” や “Can you watch over my bag?” なども使われます。

「注意して見ておくね」は英語で?

次の “eye” を使った表現は「注意して見ておく」「目を光らせておく」です。
これはどんな時に使われるかというと、例えばこんな時です。

以前、家をしばらく留守にすることがあったのですが、その時にお隣さんが “I’ll be keeping an eye out while you’re away” と言ってくれたんです。

この “keep an eye open/out 〜” もよく使われる表現で、

to look for somebody/something while you are doing other things

という意味になります。
「気にかけて見ておく」「目を光らせておく」みたいなニュアンスですね。

Boomer

また、以前私が「今、アパートを探してるんだ」と友人に話したら「じゃ、私も良い物件がないか見ておくよ」と言ってくれたんです。

その時のフレーズは “I’ll keep my eyes open for any good places” でした。

「注意して見ておくね」ですが、こんな場合は「アンテナを張っておくね」みたいな感じですね。

さらに、ピアスを片方なくしたような場合には、友達に “Can you keep an eye out for it?” なんていうふうにも使えます。
「探して!」と積極的にお願いするのとは少し違って、その辺にあるかもしれないから、気にかけて見ておいてね、といったニュアンスです。

関連したこんな表現も

“keep an eye out/open” や “keep one’s eyes open” によく似た表現で “ears” を使ったものもあるようです。

“I’ll keep my ears open” で「注意して聞く」ですが、耳に入ってくる情報を気にかけて注意しておく、といったニュアンスになります。

“eyes” とセットで “I’ll keep my eyes and ears open!” とすれば、何か良い情報を見たり聞いたりしたら知らせるね、といった意味になるので、友達が就職先を探していたり、いい情報があったら教えてねと言われた時の返事にピッタリです。

今回紹介したフレーズは、実際に使ってみないと簡単には口から出てきませんが、使えそうなシチュエーションがあれば、ぜひ使ってみて下さいね。

特に “I’ll keep my eyes and ears open” などは、使えるピッタリの場面が意外に身近にあるかもしれませんよ。

■”watch” で表す「目を光らせておく」「注意して見る」は、こちらで詳しく紹介しています。「足元注意!」「危ない!(気をつけて!)」にも “watch” は使えるんです↓

■「体のパーツ」にまつわる英語表現は以下のコラムでも紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください!↓





こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS