「〜そうだね」に “look” と “seem” どっちを使う?

複数形の “s” に秘められた気持ち
“go” を使わずに「行ける」「行けない」を表す方法
“take” と “bring”、ちゃんと使い分けられてますか?

スポンサーリンク

こんな場面を想像してみて下さい。

あなたの家の隣に新しく引っ越ししてきたカップルがいたとします。

あなたの友達が「新しい隣の人たち、どう?」と聞いてきた時に「いい人そうだよ」と答えたい場合、英語でどんなふうに表現しますか?

「〜そうだよ」「〜みたいだよ」を表すのには “look” と “seem” という単語がありますが、この場合、あなたならどちらを使いますか?

「彼はいい人そうだよ」

実はこれ、私が実際に体験した話です。

私は去年引っ越しをしたのですが、引っ越しする前の家の隣に住んでいて仲良くしてもらっていたニュージーランド人のご夫婦に「新しいお隣さんはどんな感じ?」と尋ねる機会がありました。

この質問を旦那さんと奥さん別々に尋ねる機会があったのですが、そうすると2人共から「いい人そうだよ」という同じ答えが返ってきました。それは以下のどちらだったと思いますか?

  1. They look nice.
  2. They seem nice.

自分ならどちらを使うか考えてみてから読み進めて下さいね。

ニュージーランド人の奥さんと旦那さんから返ってきた「彼らはいい人そうだよ」は、

スポンサーリンク

“They seem nice”

でした。では、なぜ “They look nice” ではなくて “They seem nice” なのでしょうか?
どちらも「〜そうだよ」「〜のようだ」と訳されますが、微妙に違いがあるんです。

“look nice”

皆さんご存じの通り、”look” には「見る」「見える」という意味がありますよね。
なので “look” を使って表す「〜そう」は、目で見てすぐに分かる事実から「〜そうだね」という時に使います。

例えば、目の下に真っ黒なクマができていて顔色が冴えない人を見て “You look tired” と言うような感じです。

または、とってもかわいい赤ちゃんを見て “The baby looks like an angel” なんて表現することもあるかもしれません。これも、目に入ってくる印象から「天使みたい」と表現しています。

Sophia Angel

なので “look nice” は、服装や髪型がキマっている時など見た目に「いいね」というような場合に使うことが多いんです。

“seem nice”

それに対して “seem nice” は微妙に違います。
“seem” は “look” よりも、もうちょっと幅広く使われるんです。

見た感じだけではなく、それに対して自分が「こう感じる」といったような意見が入っていたり、目に見えないものに対して、状況や何かしらの根拠から「〜のようだ」と考えた場合にも使えます。

簡単に言えば客観的に誰が見ても分かる事実というよりは、その人の主観が入っています。

例えば、上に出てきた “They seem nice” は、その人たちと話した感じや、受ける印象から自分が判断して「いい人そうだ」「いい人のようだ」と言っています。

また、目に見えないものに使う例としては、例えば会議で誰かが出したアイデアに対して「それはよさそうなアイデアだね」と言う場合などに “It seems like a good idea” といった感じで使えます。

アイデア自体は目に見えるものではないですが、具体的な話や状況を聞いて判断した結果の「良さそう」を表すので “seem” なんですね。

ニュアンスの違いは微妙

“look” と “seem” には微妙な違いがあるとは言え、間違えたら意味が通じないというほどのことではありません。

ネイティブにこの2つの違いを聞いても「ほとんど同じ」という答えが返ってくるぐらいなので、間違いを怖がる必要はありません。

実際に使う場面になって違いがよく分からなくなったら、またこのコラムを読み直してスッキリ使い分けてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS