“Yes” を使わずに “Yes” を表してみよう

“Me too” で陥りがちな失敗例
“would you like” ネイティブは実際にこう使う
“lucky” と「ラッキー」は同じじゃない?

スポンサーリンク

英語で何かを質問されて「はい」「うん、そうです」「いいよ」と答える時、いつも “Yes” で返してしまっていませんか?

“Yes” か “No” で答える質問の場合は、もちろん “Yes” と答えるのは間違いではありません。

でも、必ずしも “Yes” で答えないといけないということはないんです。少し違う言い回しやいろんなバリエーションで返事ができると、会話がもっとイキイキすること間違いなしです。

今日は、”Yes” と答えるような場面で使える、いくつかの表現を紹介します!

まずは簡単なものから

例えば “Can you pass me the pen?(そのペン取ってくれる?)” と言われたら、あなたならどんなふうに答えますか?

“Yes” という答えでもいいですが、何となく味気ないですよね。

こんな場合には “Sure” がとってもよく使われます。「いいよ」「もちろん」というカンジが出るので、”Yes” よりも言われた側には気持ちいい返事に聞こえます。

“Can I open the window?(窓を開けてもいいですか?)” と尋ねられた場合などには “Sure” だけではなく “Sure, go ahead(もちろん、どうぞ)” のように “go ahead” を付け加えてもいいですし、”No problem” と返すこともできます。

ただし、これらはカジュアルな「いいよ」「もちろん」なので、レストランの店員さんやホテル、その他のかしこまった場面では “Certainly” が使われることが多いです。

スポンサーリンク

例えば “Can I have a glass of pinot noir?” “Certainly” という感じです。

「〜はいかが?」と聞かれた時の “Yes”

知り合いの家に招かれて “Would you like to have some coffee?” と聞かれたら、何て答えますか?

飲みたい場合は “Yes, please” と答える人も多いのではないかと思いますが、ここでも “Yes” を使わずに答えることができるんです。

“Yes” と言う代わりにとってもよく使われるのが “I’d love to” です。”Would you like to 〜” と聞かれて「はい、ぜひ」とポジティブに答えるニュアンスが出る、好んでよく使われるフレーズです。

もし “Would you like some coffee?” や “Would you like some cake?” のように “Would you like 〜?” と聞かれた場合には “I’d love some” となりますが、これも “Yes” を使わずにできる丁寧な返事です。

あるいは、大きな荷物を運んでいたら親切な人が “Would you like some help?” と声をかけてくれたとしましょう。

“Yes, please” と言えばもちろん手伝ってくれますが、これも “Yes” を使わずに「お願いします」を表すとしたら、どう言えばいいんでしょうか?

こんな場合には “That would be great. Thank you” と言ってもいいですね。「そうしていただけると助かります」といった意味になるので “Yes” と言わなくても “Yes” のニュアンスを伝えることができます。

「いいね!」で返す

友達に “Do you want to grab dinner tonight?(今夜、ご飯食べに行かない?)” と誘われた時なんかにも、返事が “Yes” だけだと、イマイチ乗り気ではないような印象を与えることもあります。

そんな時には敢えて “Yes” を使わずに「いいね!」と提案に乗る返事をしてみましょう。

Dinner

“That sounds great/good!” などは、とっても簡単でシンプルですが、こんな場面でよく使われる返事です。”That” を省略して “Sounds good/great” と言ってもOKです。

この “sound” は返事の中でとてもよく使われる単語で、例えば、友達と会う日程を決める時に “Is Sunday good for you?(日曜日は都合いい?)” と聞かれて「いいよ」という場合にも “Sunday sounds good/perfect!” というふうにも使えます。

何かを提案された時の返事は “Yes” だけだと素っ気なく聞こえてしまうので、こういった「いいね!」という表現を使うと、イキイキした感じが出ます。

他にもまだあります

以前にもこのサイトで紹介しましたが、誰かの意見に強く同意したり「もちろんです」と言いたい場合の “Yes” をもっと強めたニュアンスの単語があったのを覚えていますか?

それは “absolutely” です。この単語もニュージーランドでは本当にしょっちゅう耳にします。

“That was a great movie, wasn’t it?(いい映画だったね)” と言われて同意する場合に “Absolutely!” という答え方もできますし、”Can I use your bathroom?” のような質問の答えにも “Absolutely” で返すことができます。

また、付加疑問文で返す、というパターンもニュージーランド人は大好きです。

例えば、美味しそうな料理を見て “That looks delicious!” という友達の呟きに対して “Yes” とは言わずに “Doesn’t it?” で返すこともできます。

アメリカ英語ではどうかは分かりませんが、イギリス英語はとにかく付加疑問文を使うことが多いので、こんなふうにも使うんですね。

表現がワンパターンにならないように、簡単な受け答えこそ色んな言い回しを身につけたいですね。今回紹介したものも早速使ってみてください!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS