よく使われる「〜すべき」ではない “should”

「体調が悪い」「体調がイマイチ」を英語で
「歩く」だけじゃない!”walk” のこんな意味
“I know イチロー” は仰天される?

スポンサーリンク

“should” と言えば「〜すべき」という意味を真っ先に思い浮かべる方も多いかもしれません。

実際に学校では “should” は「〜すべき」と教わったような気がします。

でも実は「〜した方がいいよ」というニュアンスで使われることも多いんです。その辺りは「〜した方がいいよ」は要注意?のコラムをご覧ください。

今回は、それらとは少し違う “should” の使い方のお話ですが、この使い方もしょっちゅう出てくるので、必ず覚えておきたい表現です!

“should” を使ったこんな文章

例えば、海外から来ている友達とお花見に行く計画を立てているとしましょう。メールで「日にちはいつがいい?」と送ったら、次のような返事が来たとします。

  • Anytime over the weekend should work.

これはどんな意味になるでしょうか?週末は働かなくちゃいけないから無理、ということでしょうか?

他にはこんな例もあります。海外のショッピングサイトで買い物をしたら、英語で確認メールが来たとします。次のような文章が書かれていたらどんな意味だと思いますか?

  • We’ve shipped the product you purchased. You should receive it within ten business days.

これらの “should” の使い方が、会話でもメールでもとってもよく使われる “should” なんです。

“should” は「〜した方がいい」だけじゃない

まず一つ目の文章は “Anytime over the weekend should work” でしたね。

“should” 自体の意味は後で説明するとして、先にこの文章の意味を見てみましょう。

スポンサーリンク

これは「週末は働かなくちゃいけない」という意味ではなく「週末ならいつでも大丈夫なはず」という意味になります。

また、2つ目の文章は “You should receive it within ten business days” でした。これは「10営業日以内に手元に届くはずです」ということです。

こんなふうに、”should” には「〜すべき」「〜した方がいい」だけではなく「〜のはず」という意味もあるんです。

この説明も、毎度お馴染みのEnglish Grammar in Useに分かりやすく書いてあるので、ちょっと見てみましょう。

“should” の使い方

English Grammar in Useの “should” のページには、こんなふうに書いてあります。

We use should to say that we expect something to happen

これから何かが起きるのを予期していることを述べる場合に使う、ということですね。

なので、冒頭に出てきたお花見の日程を決めるメールも「週末なら大丈夫」なのを予期していることを表し、ネットで買った商品が「10営業日以内に届くはず」にも、ただの推測ではなく、前もって期待する(=予期する)気持ちが込められています。

Cherry blossom I

その他にも、日常生活で一番耳にするかもしれない “That/It should be fine” なんていう表現がありますが、これも「それで大丈夫なはずだよ」という期待を表しています。

私がたまに耳にするたびに響きが面白いなと感じる表現があるのですが、それは “That/It shouldn’t be a problem, should it?” です。「問題ないはずだよね」も、こんなふうに表現することができるんですね。

まだある “should” のこんな使い方

例えば、何かの順番待ちをしているときに、どれくらい待つのか尋ねたら “It shouldn’t take long” のように言われることがあります。

この “It shouldn’t take long” も日常生活でとってもよく登場して「そんなに(時間は)かからないはずよ」というザックリした返答でよく使われます。100%「時間はかからない」とは言い切らずに「かからないはずだよ」と予期しているニュアンスです。

同じように「10分程度しかかからないはずだよ」なんかも “It should only take about ten minutes” という感じで “should” を使うことができます。

または、仕事のメールでも使えますよ。

「遅くとも6時までに折り返しご連絡できるはずです」も “I should be able to get back to you by 6pm at the latest” というふうに使えるので “should” はゼヒ覚えて使いこなしたい単語ですね。

今回は使い方の例もたくさん紹介したので、コレは使える!と思ったものから、ぜひ早速使ってみて下さい!

助動詞シリーズはこちらから

should・would・couldなどの助動詞に、ちょっと苦手意識を持っている方はいませんか?
以下のコラムでは基本的な意味と使い方を分かりやすく紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください!

■”should” の基本的な使い方「〜した方がいい」

■”would” の基本的なニュアンス

■”could” の基本的な使い方

■「could=canの過去形」と覚えるとちょっとキケンです

■”Could you” と “Would you” の違いはこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS