動物の「子ども」の呼び方、知ってますか?

ネイティブは「おととい」「あさって」を英語で何て言う?
「クラッシュ」のスペルは3通り
「髪が伸びる」「髪が伸びたね」って英語で何て言う?

スポンサーリンク

今回のコラムは、学校の授業ではあまり習わない「動物の子ども」の呼び方のお話です。

人間の子どもは、生まれてから “baby” に始まり “infant“、”toddler“、”preschooler” や “teenager” などと年齢によって違った呼び方もありますが、基本的に “child” と表すことができると思います。

では、動物の子どもはどう表現すればいいのでしょうか?これも “child” なのでしょうか?

動物の子どもに”child”は使わない

上野動物園のパンダの赤ちゃんが話題になっていますが「子パンダ」は “child panda” とはあまり言いません。

その他の動物も含め、生まれたての赤ちゃんは人間と同じように “baby” と呼びますが、子どもを表すのに “child” を使うことはあまりないんです。

そこで、オックスフォード現代英英辞典で “child” を引いてみると、こんなことが書いてありました。

a young human who is not yet an adult

「まだ大人ではない若い人間」と書いてありますね。なので、動物の子どもは”child” とは呼ばれないんです。

その代わりに “young panda” のように “young” を使って呼ばれたり、動物の種類によって特別な名前で呼ばれたりします。

スポンサーリンク

「子犬」「子猫」「子羊」「子豚」を英語で

このあたりの単語は一度は耳にしたことがあると思います。

  • 犬 dog → 子犬 puppy
  • 猫 cat → 子猫 kitten
  • 羊 sheep → 子羊 lamb
  • 豚 pig → 子豚 piglet

“lamb” は生後12ヶ月以内のヒツジのことを指すので、「ラム肉」も子羊の柔らかいお肉となります。

“piglet” は『くまのプーさん』に出てくるピンクの子豚の名前としても有名ですよね。”piglet” はイノシシの子(うり坊)にも使われたりしますよ。

この “-let” で表す「〜の子、赤ちゃん」は他にもあって、

  • フクロウ owl  → フクロウの子 owlet
  • ワシ eagle → ワシの子 eaglet
  • カエル frog → カエルになったばかりの子ガエル froglet
    ※おたまじゃくしは tadpole
  • ハリネズミ hedgehog → ハリネズミの子 hoglet

みたいに呼びます。

Extreme Piglet

では次に、ちょっと特殊な「動物の子どもの呼び方」を見てみましょう。

いろんな動物の子ども・赤ちゃんの英語表現

●pup:子犬、オオカミ・アザラシ・カワウソなどの子ども

子犬は “puppy” 以外にも “pup” と呼ばれることがありますが、この “pup” は犬以外の、

  • オオカミ wolf
  • アザラシ seal
  • カワウソ otter
  • サメ shark
  • ハムスター hamster、大型ネズミ rat
  • モグラ mole
  • コウモリ bat

といった動物の子どもにも使われるんです。

スポンサーリンク

●cub:クマ、トラ、ライオン、パンダなどの子ども

次に、”cub” もいくつかの動物の子どもや赤ちゃんに使われる単語です。例えば、

  • クマ bear
  • パンダ panda
  • トラ tiger
  • ライオン lion
  • キツネ fox
  • ヒョウ leopard
  • セイウチ walrus

などの子どもは “cub” と呼ばれ、”bear cub(子グマ)”、”panda cub” や “lion cub” といった感じで使われます。

メジャーリーグに『シカゴ・カブス』というチームがありますよね。そのカブスは「小熊」の “cub” からきているようですよ(Wikipedia調べ)。

●calf:牛、ゾウ、サイ、クジラ、キリン、ラクダなどの子ども

ちょっと大き目の動物の子どもによく使われるのは “calf” です。例えば、

  • 牛 cow, bull
  • ゾウ elephant
  • サイ rhinoceros
  • クジラ whale
  • キリン giraffe
  • ラクダ camel

などの子が “calf(複数はcalves)” と呼ばれます。

●kit:イタチ、ビーバー、フェレット、ミンクの子ども

イタチ系の動物の子ども・赤ちゃんは “kit” と呼ばれます。

  • イタチ weasel
  • ビーバー beaver
  • フェレット ferret
  • ミンク mink

キツネの子(子ギツネ)も “kit” と呼ばれることがあります。

●duckling:アヒルの子、子ガモ

ひよこやヒナは英語で “chick” ですが、アヒルの子どもは “duckling” と呼ばれます。アンデルセンの有名な童話『みにくいアヒルの子』の英語題は “The ugly duckling” です。

ちなみに、カモも英語では “duck” なので、カモの子どもも “duckling” ですが、ガチョウ(goose)の子どもは特別に “gosling” という名前があります。

スポンサーリンク

●joey:カンガルー、ワラビーの子ども

カンガルーやワラビーなどの有袋類やコアラの子どもは “joey” と呼びます。

●子馬:foal、colt、filly

ちょっとイレギュラーなのが、馬です。子馬は “pony” ではありませんよ。”pony” とは小型種の馬のことです。
馬は1歳になるまでは “foal“、その後4歳になるまではオスの子馬は “colt“、メスの子馬は “filly” と呼び名が変わります。ややこしいですね。

人間と同じ “kid/infant” で呼ぶ動物の子ども

冒頭で “child” は人間の子どもだけ、と紹介しましたが、実は人間の子どもに使う “kid” や “infant” は、ある動物の子どもをあらわすときにも使われるんです。

それはヤギと猿・ゴリラなどの猿人類。

  • ヤギ goat → 子ヤギ kid
  • サル monkey、ゴリラ gorilla → 子ザル、ゴリラの子 infant

人間に近い猿やゴリラの赤ちゃん・子どもが人間と同じ “infant” と呼ばれるのは興味深いですね。

Something Just Like This

では最後に、今回紹介したそれぞれの動物の子ども・赤ちゃんの英語名をまとめておきましょう!

  • 犬 puppy (pup)
  • 猫 kitten
  • 羊 lamb
  • 豚、イノシシ piglet
  • オオカミ、アザラシ、サメ、ハムスター、モグラ、コウモリ pup
  • クマ、パンダ、トラ、ライオン、キツネ cub
  • 牛、ゾウ、サイ、クジラ、キリン、ラクダ calf
  • アヒル、カモ duckling
  • カンガルー、ワラビー、コアラ joey
  • 馬 foal(1歳になるまで)、colt(4歳になるまではオス)、filly(メスの子馬)
  • ヤギ kid
  • サル、ゴリラ infant

その他の動物の子どもにもいろんな呼び方があるので、興味のある方はこちらのサイト(英語)を見てみると面白いかもしれませんよ。

■「オスの犬」「メス猫」のような「オスの〜、メスの〜」の表し方は、こちらで詳しく紹介しています↓

スポンサーリンク

■動物は “a” や “-s” を付けずに不可算名詞にすると「肉」を表すので、ご注意ください↓

■こちらの動物にまつわるコラムもぜひ合わせてご覧ください!



■人間の赤ちゃん・乳児・幼児・子どもの英語表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS