英語っぽいのに通じない単語たち3 食べ物編

「きっかけ」って英語でどう表現する?
“have to” と “must” って何が違うんだろう?
「Aコース」「Bコース」 は和製英語?

スポンサーリンク

カタカナでいかにも英語っぽい見た目なのに、実は英語ではない言葉たちを紹介するこのシリーズ。第三回目の今回は食べ物をいくつか紹介します。

海外旅行でちょっと役に立つかもしれません!

定番中の定番「フライドポテト」を英語で

これがカタカナ英語なのはわりと知られたところですよね。
海外旅行中にフライドポテトを食べたいなーと思って、ファストフード店に行って「フライドポテト下さい」と言っても通じません。

ニュージーランドでは “chips” もしくは “hot chips” と呼ばれます。
これは “fish&chips” でおなじみのイギリス英語なので、アメリカ英語圏では “french fries” と呼ぶのが定番のようです。

ちなみに、ニュージーランドでポテトチップスは “crisps” と呼ばれます。”crisp” は形容詞で「パリパリした」とか「カリカリした」という意味があるので、そこから来ているようです。

「ソフトクリーム」って英語で何て言う?

Genmaicha soft serve
“soft cream” っていかにも英語っぽいですよね?

soft=やわらかい、cream=クリーム、でニュアンスは伝わりそうな気がしますが、実はこれもカタカナ英語です。
英語で “soft cream” と言うと「柔らかいクリーム???」と意味不明になってしまうので注意が必要です。

では、ソフトクリームは英語で何と呼ぶのが正しいのでしょうか?

ニュージーランドでは “soft serve cone” や “soft serve” と書いてあることが多いです。しかも、ハンバーガーショップでは激安で買えるので、食後のデザートでちょっとだけ甘いものが食べたい・・・なんていう時におすすめです。

スポンサーリンク

アイスクリームは英語なのでそのままで通じますが、省略して「アイス」と言うと「氷」という意味になってしまうので、アイスクリームが食べたい時はちゃんとクリームまで言うようにしましょう!

また、アイスキャンディーのようなものは “ice block” という呼び名があって、アイスクリームとは区別されます。ややこしいですよね・・・

「シュークリーム」って英語で何て言う?

これは言わずと知れたフランス語(chou a la creme)から来た言葉です。

海外のケーキ屋さんやパン屋さんで「シュークリーム下さい」というと、きっと驚かれます。それは・・・

シュークリーム=shoe cream=靴クリーム になってしまうからなんです。
シュークリームが食べたいのに、靴クリームを買わされないように、ぜひ英語で覚えて下さい。英語では “cream puff” です。

ちなみにエクレアは英語でも “eclair” です。見た感じシュークリームと似ているのに puff はどこに行ったんでしょうか。。

「英語っぽいのに通じない単語」シリーズ

こんな感じで、英語っぽいのに通じない単語たちを少しずつ紹介しているこのシリーズ。

次の「通じない単語たちシリーズ4」は、「パーカー」「ワンピース」の英語表現、サイズの表し方などの「ファッション編」です↓

■■シリーズを通して読んでみたい方は、こちらからどうぞ!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS