日本語とはちょっと違う 年末年始の挨拶

面倒くさい!って英語でなんて言う?
ネイティブがよく使う「また何かあったら連絡するね」
日本人の国民性を英語で表すとどうなる?

スポンサーリンク

ニュージーランドで生活するようになって初めての年末年始、周りの人たちがしてくる挨拶にすごく違和感があって戸惑ったことを今でも思い出します。

今ではさすがに戸惑いはなくなりましたが、なんて言うんでしょう、何となく今でも日本人としては違和感が抜けません。

今日はそんな英語と日本語で違う年末年始の挨拶についてのお話をしてみたいと思います。

日本での年末年始のあいさつ

日本ではどんな風に挨拶するか、あいさつをいろんなシチュエーションごとに書き出してみましょう。

まず、12月も終わりに近づいた仕事納めの日には「良いお年を」と言って仕事を終えますよね。
職場以外でも、誰かと会った時にそれが年内最後なら、別れ際に「良いお年を」と言ったりします。

そして、年が明けて最初に会ったときには「明けましておめでとうございます」ですよね。

それとついでにクリスマスの挨拶も。

「メリークリスマス!」は12月24日と25日だけに使われる、かなり期間限定な挨拶として知られています。
23日に「素敵なクリスマスを!」と言うことはあっても「メリークリスマス!」と言うと、ちょっとフライングした感じになって、周りの人に「まだ早いよ!」と言われるかもしれませんね。

まぁ、この辺は敢えて日本の方に説明するほどのことでは無いと思います。

スポンサーリンク

英語での年末年始のあいさつ

そもそもの話をすると、多くの日本人は「Happy New Year=明けましておめでとう」だと思っています。

なので、年賀状にも “Happy New Year!” と書きますよね。
■ “A Happy New Year” じゃないの?と思った方は、こちらのコラムもご覧ください↓

ところがニュージーランドに来てみると、”Merry Christmas!” はもちろん、”Merry Christmas and (a) Happy New Year!” というフレーズが、年が明ける前、なんだったら12月中旬から、人との別れ際にはよく使われていることに気付きました。

12月に「あけましておめでとう」は変ですよね。

実はこの “Happy New Year” は「明けましておめでとう」ではなく “I wish you a” や “Have a” が省略された「良いお年を」という意味なんです。

これは “Merry Christmas!” も同じで、12月に入った頃から使われているのは “Have a Merry Christmas” の “Have a” が省略された「いいクリスマスを」という意味なんです。
クリスマス当日の “Merry Christmas(クリスマスおめでとう)” とは少し違うんですね。

Merry Christmas part 2

ニュージーランドで暮らし始めた頃の私は、そんなことは全く知らず「え!まだ年明けてないし、クリスマスも来てないのに “Merry Christmas and Happy New Year” って気が早くない?」と、とてもビックリしました。

また、”Happy New Year!” が「新年おめでとう」の意味で最もよく使われるのは、1月1日に日付が変わった瞬間、年が明けた瞬間です。

ニュージーランドは日本のようにお正月を盛大に祝うことはないので、年が明けたら “Did you have a good new year?” とか “How was your new year?” と聞かれることもありますが、実はクリスマスのほうが大事だったりするので、”How was your Christmas?” と聞かれることも多いです。

“Happy Holidays!” も覚えておきたい

ちなみに “Merry Christmas” はキリストの降誕を祝う宗教的な意味合いがあるので、キリスト教徒ではない人には言わない方が良いという考え方があります。

仏教やイスラム教などを信じている人にとってはキリストの降誕は祝うことではないからですね。そこで “Happy Holidays!” という表現も増えています。

特に、ビジネスでクリスマスカードを送る場合などには “Happy Holidays” や “Season’s Greetings” が好まれるようです。
“Warmest wishes for the season” なんかもよく目にします。

また、”Happy New Year!” への返し方は以前紹介しましたが、”Merry Christmas” や “Happy holidays” の返し方にも共通するので、ぜひこちらもご覧ください!↓

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS