「それ1つ下さい」って英語で言えますか?

「体調が悪い」「体調がイマイチ」を英語で
「休み」って英語で何て言う?
“what” を上手に使って表現力アップ!

スポンサーリンク

海外旅行でショッピングをしている時に、ディスプレイされているものを見て「それ(これ)1つ下さい」と言うことってありますよね。

または、カフェで美味しそうなパンやケーキなどが並んでいるのを指差しながら「それ1つとこれ1つ下さい」と注文することもあると思います。

そんな時、英語でどうやって伝えていますか?

今回紹介するフレーズを使って “This one” から卒業しましょう!

「それ1つ下さい」を表す定番フレーズ

何かを注文する時の「それを1つ下さい」というフレーズ、実はよく使われる定番の言い方があるんです。

注文をする時には “Could I have” や “May I have” を使いましょう、と書いてある英語の参考書はよく見かけますが、これから紹介するフレーズは、私はニュージーランドに来てから初めて知りました。

以前の職場のカフェで働いていた時にお客さんの注文を聞いていて、このフレーズを使う人が本当に多いので、何で日本では教わらなかったんだろうと不思議に思ったぐらいです。

そのフレーズとは “one of those” です。

カウンターの上に並べてあるマフィンを1つ注文する時にも “Can I have that one?” ではなく “Can I have one of those?” と言う人が圧倒的に多かったです。

スポンサーリンク

また、ショーケースの中に並べられたサンドイッチなどを見て注文する時にも “Can I have one of those sandwiches?” とわざわざ “one of those” と言う人がとても多かったのが印象的でした。

“one of those” か “this one” か

海外のカフェで美味しそうなケーキがショーケースに入っていて、注文したくても名前が読めなかったりすると、指を指しながら “This one” と伝えて注文する事がありますよね。

Pastries in Fremont

これが間違っている、ということではありません。実際に “This one” で通じると思います。
でも、厳密に言えば “this one” と “one of those” には違いがあります。

“one of those” とは「それらの中の1つ」ということです。

上で出てきた例で言えば、カウンターの上に並べられたマフィンの中から「どれでもいいから1つ」というニュアンスが “one of those” にはあります。

それに対して “This one” と指を差しながら注文すると「これ」と指定することになるので、指を差しているもの1つに限定されます。

例えば、カフェの店員さんが並んだマフィンの中から「どれがいい?」と聞いてきた場合に “This one” と特定の1つを選ぶような感じです。

“one of those” こんな使い方も

“one of those” は、こんな場面でも使えます。

例えば、友達がバーで飲んでいて、後から自分が合流するような場面を想像してみましょう。

友達がコロナを飲んでいるのを見て、自分も同じものを注文したいなと思ったら “Can I have one of those please?” と言えば「これと同じものを下さい」という意味になります。

また、レストランで働いていた時にはお客さんからメニューの質問を受けることもしばしばありました。

「これはどんなものなの?」と聞かれ、そのお料理を説明すると “Oh, that sounds delicious. I’ll have one of those please” と注文するお客さんもいました。

そんなふうにも使えるんですね。

注文する時に使ってみよう!

注文の際にはとにかくよく登場する “one of those” ですが「それを2つ下さい」というような時には、もちろん “two of those” となります。

すぐ手元にあるような場合には “I’ll have one of these” や “Can I have one of these” で「これを1つ下さい」と言うこともできます。

“This one. Two please” と指差してから指をチョキにして注文するよりも相手に伝わりやすいし、スマートですね。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS