「転ぶ」「こける」って英語でなんて言う?

「ただいま」と「おかえり」は英語でなんて言う?
「火を消す」って英語でなんて言う?
“sure” の意味と使い方。”Sure is” ってどんな意味?

スポンサーリンク

大人になると、子供の頃と比べて「転ぶ」ことって少なくなりますね。
最後に派手にドーンと転んだのって、いつだったか思い出せません…。

私は関西人なので、実は「こける」や「こけた」と言うほうがしっくりくるのですが、どうやら「転ぶ」「転んだ」が標準語のようです(笑)

では、そんな「転ぶ」や「こける」って、英語では何て言うのでしょうか?

簡単そうで意外と言えない表現の一つかもしれない「転ぶ」「こける」の表現が今回のテーマです。

“fall” で表す「転ぶ、こける」

最もシンプルな「転ぶ、こける」は “fall” で表せます。
“fall” は「落ちる」という意味でよく知られていますよね。そこから派生して、

to suddenly go down onto the ground after you have been standing, walking, or running, especially without intending to
(ロングマン現代英英辞典)

という意味もあるんですね。なので、

  • I fell and hurt my arm.
    転んで腕を痛めた

のように「転ぶ」が表せます。
また、”fall” の後ろに “down” や “over” をくっつけることも多く、例えばこんな感じです。

  • I fell down in front of everyone.
    みんなの前(公衆の面前)で転びました
  • He fell over and cut his knee.
    彼は転んで膝を切った(ケガした)

ここでの “over” は副詞で、立っているものが倒れるというイメージですね。私は “fall over” の方を耳にすることが多いですが、アメリカ英語では “fall down” がよく使われるようです。

スポンサーリンク

また、”fall over 〜” で「〜につまずいて転ぶ」も表せます。

  • I fell over the vacuum cleaner.
    掃除機にけつまずいて転んだ

みたいな感じですね。

“trip” で表す「転ぶ、こける」

2つ目の「転ぶ」を表す単語は、私の周りのネイティブがとてもよく使う “trip” です。

え?”trip”って「旅行」じゃないの?と思った方、そうなんです。
“I went on a trip to France(フランスに旅行しました)” のように「旅行」を表す、あの “trip” とスペルも発音も全く同じです。

それが名詞ではなく動詞だと、

trip overtrip over/on something:to catch your foot on something and fall or almost fall
オックスフォード現代英英辞典

という意味があるんですね。「つまずく/つまずいて転ぶ」や「けつまずく/けつまずいて転ぶ」といった感じです。

Falling down

そして、こんな例文が書かれてあります。

  • She tripped and fell.
  • Someone will trip over that cable.

「つまずく」は “stumble” という単語もありますが、こちらは「転ぶ」よりも、つまずいたりバランスを失ったりして「よろめく」というニュアンスで使われることが多いように思います。

スポンサーリンク

“slip” で表す「転ぶ、こける」

最後は、すってんころりんと「滑って転ぶ」を表す時に使う “slip” です。

日本語でも「スリップ(する)」と言ったりするので「slip=滑る」は想像しやすいと思います。

ツルっと「滑って転ぶ」は “slip and fall” で表すことが多いです。例えば、

  • I slipped on the ice and fell.
    氷の上で滑って転んだ
  • He slipped on a banana peel and fell down.
    彼はバナナの皮ですっ転んだ
  • She slipped and fell on her bottom.
    彼女は滑って尻餅をついた

のような感じですね。

「痛い」は英語でどう言う?

転んだ時って、とっさについた手が後で痛くなったり、運が悪いと足を捻挫してしまうこともありますよね。

そんな「痛い」や「捻挫する」を表す表現は、こちらで詳しく紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください!↓


こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS