これ、英語でなんて言う?「(サラン)ラップ」

送料無料で洋書が安い!Book Depositoryを使ってみた
「大変」に “hard” ばかり使っていませんか?
FYI、LMK、IDK に DOB。英語の略語いろいろ

スポンサーリンク

日本の「ラップ」ってすごいですよね。

品質もいいし、くっつきにくいし、小皿や大きめのお皿に合わせてサイズ違いもあるし…と、私が日本に帰るといつも感心してしまう日本のラップ。

ニュージーランドのラップはと言うと、日本のラップよりも薄くくっつきがちで、少し長くレンジにかけると穴が開きます…

そんな、食品を保存したりレンジで温める時に使ったりする「ラップ」。
英語で何て言うのか、分かりますか?

「ラップ」は英語で何て言う?

cling wrap

日本の「サランラップ」や「クレラップ」のような「ラップ」は、ニュージーランドでは “cling wrap” や “cling film” と呼ばれています。

“cling” って何?と思った方、あんまり耳にしない単語ですよね。”cling” とはオックスフォード現代英英辞典に、こんなふうに書いてあります。

スポンサーリンク

  • to hold on tightly to somebody/something
  • to stick to something

「しっかりくっつく」「ぴったりくっつく」というイメージですね。

物がぴったりくっつく以外にも、子どもがお母さんやお父さんにピタッとまとわりつくのを表す時にもよく使われる単語で、 “My daughter clung to my leg” なんていうふうに言ったりします。

Cling Wrap

“wrap” の発音にも気をつけてくださいね。

“wrap” と “rap music” の “rap” は同じ発音ですが、”lap” になると「ひざ(座った時の膝上から足の付け根にかけて)」と、全く違う意味になってしまいます。

“cling” と “wrap” の「l」と「 r」の区別もしっかりと。

もっと簡単な「ラップ」の表現

“cling wrap”  や “cling film” が思い出せなかったり通じなかったら、もっと簡単な言い方もあります。

日本でも「食品ラップ」と呼ばれることがあるように、英語でも “food wrap” と呼んだり、”plastic wrap” でも通じますよ。

スポンサーリンク

日本語で「プラスチック」というと、固いものを思い浮かべることが多いと思いますが、英語の “plastic” はちょっと違うんです。

ペットボトルのように固いものも “plastic bottle” と呼びますが、日本語では「ビニール」と呼ばれるような柔らかいものにも “plastic” は使われます。
例えば、スーパーやコンビニでもらう「ビニール袋」は “plastic bag” と呼びます↓

「サランラップ」は英語でも通じる?

そもそも「サランラップ」は商品名なので英語では通じない、と思いますよね。
それが実はアメリカではどうやら通じるようなんです。

アメリカには “SARAN” という名前のラップが存在するそうです↓

Ingredients for mass breakfast burritos

サランラップ®のウェブサイトによると、もともとサランラップはアメリカで生まれたそうで、開発に関わったラドウィックさんとアイアンズさんという2人のそれぞれの奥さんの名前 “Sarah” と “Ann” にちなんで「サランラップ」という名前になったようです。

ちなみに、ニュージーランドで “SARAN wrap” は見かけたことがないので、おそらく通じないと思います。

その代わりに、”GLAD Wrap” と言えば通じます。

スポンサーリンク

“GLAD” とは世界的なブランドの名前で、ニュージーランドではこのブランドしか見かけないほどなので、ラップのことを “GLAD Wrap” と呼んでいる人もいます。

GLAD Wrap

ちなみに、このGLADから出ている「Press’n Seal」というラップがめちゃくちゃスグレモノです。

一見、普通のラップのようですが、特殊な技術でピッタリくっついて剥がれないので、液体にラップをして傾けてもこぼれないし、食材を冷凍する時にもちょっとした真空パックのようにして使えるので、とっても便利です!

■緩衝材として使われる「プチプチ」も、英語では “wrap” を使って表しますよ↓

最近では再利用できるラップも登場

日本ではシリコンラップが100円均一で買えたりしますが、オーストラリアやニュージーランドでは蜜蝋(beeswax)で作られた再利用可能なラップ(reusable food wraps)も注目されています。

ちょっと高いですが、使い捨てではなく洗って何度でも使えるので地球にも優しいし、手作りもできるので興味のある方はぜひご覧ください↓

スポンサーリンク

■「これ、英語でなんて言う?」シリーズでは、英語で言えそうで言えない単語を取り上げています。ぜひこちらも合わせてご覧ください!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS