ネイティブが会話でよく使う「必ず〜してね」

「今何時ですか?」を英語で言うと?
「眠い」は英語で “sleepy” じゃない?
ネイティブがよく使う「行ける」「行けない」の英語表現

スポンサーリンク

「今日は7時までに必ず帰ってきてね」「あの本、絶対に明日持ってきてね」というような「必ず(絶対に)〜してね」という表現、日本語でもよく使いますよね。

これを英語にすると、何て言えばいいのでしょうか?

  • Be home by seven tonight.
    7時までに帰ってきてね
  • Please bring the book tomorrow.
    あの本、明日持ってきてね

のように表現できなくもないですが、もう少し「必ず、絶対に」というニュアンスを上手に表したいですよね。

今回は、そんな時によく使われる表現を紹介します!この表現、毎日耳にすると言ってもいいほど、ネイティブはとってもよく使っているんです。

「必ず、絶対に〜してね」を表す “make sure”

「絶対に(必ず)〜してね」という場面で必ずと言っていいほど使われるフレーズとは、”make sure” です。

“make” も “sure” も、どちらもシンプルな単語ですよね。この定義を英英辞書で見てみると、

ensure that something is done or happens
オックスフォード新英英辞典

と書かれています。
“en-” は形容詞の前にくっついて「〜にする」という意味の動詞を作ることが多く(enlarge「拡大する」、enrich「豊かにする」など)、”ensure” は「確実にする」という意味になります。

つまり、上の定義によると、”make sure” とは「何かが起ることを確実にする」ということです。
これを日本語では「必ず〜する」と言いますよね。場面によっては「忘れずに〜する」がしっくりくる時もあると思います。

では次は、”make sure” をどう使えばいいのかを見てみましょう!

スポンサーリンク

“make sure” の使い方と例文

“make sure” の後ろには “that+主語+動詞” が続くのが一般的ですが、口語ではこの “that” は省略されることが多いです。例えば、

  • Make sure you’re home by seven tonight.
    今夜は7時までに絶対帰ってきてね
  • Make sure you bring the book tomorrow.
    あの本、明日絶対に持ってきてね
  • Can you make sure he/she gets the message?
    (電話で伝言を頼むときに)必ず伝えてもらえますか?

のような感じですね。”make sure” の後ろの動詞は、未来のことでも現在形を使うのが大事なポイントです。

他にも、私はニュージーランドで病院に電話して予約を取った時に、

  • Please make sure you bring your passport.
    必ずパスポートを持って来てくださいね

と言われたことがあります。こんなふうに “Please” を最初に付けると「必ず〜して下さいね」とちょっと丁寧な言い方になるので、とってもよく使われますよ。

また、”make sure to+動詞” は正式ではないと言う人もいますが、全く使われていないかというとそうでもなく、

  • Please make sure to close the door behind you. Thank you!
    「開けたらしめてください(開けっ放しにしないでください)」

のような貼り紙がお店のドアに貼られているのも、たまに見かけたりします。

atelier PRO - Lorentzschool, Leiden 28

“make sure” には「確かめる」の意味も

「〜を確実なものにする」という意味はそのままに、実は「確認する、確かめる」を表す場合にも “make sure” がよく使われるんです。「そうであるかどうか、はっきり確かめる」というニュアンスですね。

例えば、旅行で宿泊予定のホテルに予約を確かめる電話をする場合には、

  • I’d like to make sure my reservation is confirmed.
    予約がコンファームされているか確認したいのですが

のように言えます。他にも、友達が失恋してしまって心配なときや、地震や災害の被害にあってないか確認したい時などには電話やメールで、

スポンサーリンク

  • I just wanted to make sure you are OK.
    大丈夫か確認したかっただけなの

のように “make sure” を使うことも多いですよ。また、

  • I think the door’s locked, but I’ll go and make sure.
    ドアの鍵閉まってると思うけど、ちょっと確かめてくる
  • Please check all the details to make sure they’re correct.
    詳細をチェックして全て正しいことを確かめてください

のようにも使われます。

■「確認する、確かめる」という意味の “make sure” はこちらで詳しく紹介しています↓

“make sure” はとってもよく使われる

“make sure” は会話の中で本当によく出てきます。日常会話・ビジネスに関わらず広く使われるフレーズです。

基本の「(〜を)確実なものにする」というイメージさえ掴めれば、日本語訳にとらわれずに使いこなせるようになると思います。

様々な場面で役立つ “make sure”、会話の中でぜひ使ってみてくださいね。

“sure” にまつわる表現いろいろ

これまでもコラムに何度か登場した “sure”。会話ではとても使い勝手のいい単語です。
“make sure” 以外の “sure” の使い方は、これらのコラムも参考にしてみてください!↓




また、今回のコラムの中に何度か登場した “bring” の “take” との使い分けは、こちらのコラムもぜひ参考にしてみてください!↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS