「りんごもパイナップルも好きじゃない」をシンプルな英語で

スポンサーリンク

今、何かと話題の “りんごとパイナップル” ですが、今日はあの動画のお話ではありません(笑)

「りんごもパイナップルも好きじゃない」。これ、英語でちゃんと言えますか?

自信を持って「言える!」という方は、今日のコラムはさらっと読んでくださいね。

「んー、あんまり自信ないな…」という方、大丈夫です。わりと多くの人が間違えやすいポイントなので、今日のコラムでしっかりマスターしてしまいましょう!

まずはウォーミングアップ

タイトルにある「りんごもパイナップルも好きじゃない」を英語にする前に、まずはウォーミングアップを。

「りんごとパイナップルが好きです」
これを英語にしてみましょう。

“I like apples and pineapples”

簡単でしたね!何のひねりもありませんが、こういう場合は “apples” のように複数形にするのを忘れないようにしましょう。

では次に、今日のタイトルの「りんごもパイナップルも好きじゃない」を英語にしてみましょう。

スポンサーリンク

あなたならどう言いますか? “neither” を使った言い方もありますが、今回はもっとシンプルな表現を使います。

“and” の使い方には要注意

「りんごもパイナップルも好きじゃない」
“I don’t like apples and pineapples”

で合っているでしょうか?
「りんごとパイナップルが好き」の “like” の部分を否定形にしてみました。

実は英語では、こうは言わないんです。
では、どこが間違っているのでしょうか?

答えはこうです↓
“I don’t like apples or pineapples”

「りんごパイナップル」なのに、なぜ “and” を使うと間違いなのでしょうか?

否定文で使う “or”

“or” の定義を辞書で調べてみました。Cambridge Dictionaryには、数ある定義の1つにこんなことが書かれています。

used after a negative verb to mean not one thing and also not another

一つだけじゃなくて、もう一つも「そうじゃない」ということを表すのに “or” が使われるんです。まさに「りんごもパイナップルも好きじゃない」に当てはまりますね。

Fruits

実は “not … A or B” の “not” は “Aではないし、Bでもない” というように、それぞれにかかっています。
それに対して、”not … A and B” の “not” は “AでありBである” というまとまりにかかってくるんです。 つまり、”AかつB” ではない、となります。

これってどういうことなんでしょうか?

否定文で使う “and” と “or” の違い

さきほど間違いの文として出てきた “I don’t like apples and pineapples” を例にしましょう。

実はこれは「りんごもパイナップルも両方とも好き、ではない」という意味になるんです。つまり、りんごだけ好きでパイナップルは嫌い、もしくはその逆、ということです。

「りんごもパイナップルも好きじゃない」とは意味が変わってしまいましたよね。

他の例を挙げると「私には兄弟も姉妹もいない」を表す場合にも同じことが言えます。”I don’t have any brothers or sisters” が正解なんです。

さらに、2つのことだけではなく3つ以上のことも表せます。オックスフォード現代英英辞典の例文を見てみましょう。

There are people without homes, jobs or family.

この意味はもうお分かりですね。「家も仕事も家族もない」ということになります。

“neither” を使うと…

 

ちなみに、「りんごもパイナップルも好きじゃない」は “I like neither apples nor pineapples” という言い方もあります。学校で習った記憶がある方もいるかもしれません。

でも、こちらはちょっとかしこまった表現なので、日常会話では上で紹介した “or” を使った表現の方がよく耳にします。

今まで “and” を使っていた方も、次からは “or” を意識して使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS