“Sorry” って言われたら何て返す?

“opposite” よりナチュラルな「反対」「逆」
“I missed you” は「寂しかったよ」だけじゃない
意外と使える単語 “wonder”

スポンサーリンク

以前に、“Thank you” と言われたらなんて返しますか?というコラムを書きましたが、”Sorry” と言われたときも何て返したらいいのか一瞬迷いませんか?

すぐに何か言わなくては、と思っても返し方が分からなければ何も言葉が出てきませんよね。

“Thank you” と同じで、”Sorry” と言われたときにも無言でいるのはあまりカンジがよくないので、これを機に覚えてみましょう。

日本語では「ごめんね」に何て返す?

こんなシチュエーションを思い浮かべてみて下さい。

友達と待ち合わせをしていて、約束の時間になっても友達が来ません。5分遅れて現れた友達が「遅れてごめんね!」と言ったら、あなたは何て返しますか?

よっぽど待たされてない限り「ううん、大丈夫」と言うことが多くないですか?

あるいは、電車で知らない人に足を踏まれて「すみません」と言われたら「いえ、大丈夫です」と返しますよね。

日本語では「ごめんね」に対して、そんなに大したことでなければ「いいえ」や「いや、」「ううん」といった否定の言葉を口にすることが多いです。

じゃ、英語でも “No” でいい?

英語では “Sorry” に対して基本的に “No” とは言いません。

スポンサーリンク

“No” と言ってしまうと、ごめんねと謝っていること自体を受け入れない意味になることもあります。

「そんなに謝ってもらわなくてもいいですよ」の意味で、ついつい笑顔で “No, no, no” と言ってしまいそうになりますが、そこはぐっとこらえて、こんな風に返してみましょう。

  • That’s (It’s) all right.
  • It’s OK.
  • No problem.
  • No worries.
  • Don’t worry about it.

これらが “Sorry” に返すときによく使われるフレーズです。

「大丈夫よ」とか「気にしないで」といったニュアンスが含まれているので、ちょっとした「ごめんね」に対しては、これらのフレーズがよく使われます。

または “You’re all right” と返ってくることもよくあります。

例えば、スーパーで自分が通路を塞いでしまっているのに気付かずに “Excuse me” と言われた時に “Sorry!” と言うと “You’re all right” というカンジで返ってきます。

逆に、向こうは “Sorry” と言った後には、上に書いたようなフレーズが返ってくるのに慣れているので、”No” と返されたり、何も返ってこなかったりすると、ちょっと気持ちワルい感じがしてしまいます。

「謝らなくていいですよ」という意味を込めて返したい時には “Don’t be” と言ったりもしますが、これは “Don’t be sorry” を短くした表現です。

他には「謝るのは私の方です」と言いたい場合は “I’m the one who should be sorry” とも言えます。

日本人との “Sorry” の温度差

日本を一歩出ると、客観的に日本のことが見えるようになります。
その一つが《sorryの温度差》です。

SORRY - Sydney Opera House, Australia National Sorry Day 2015

以前働いていた職場にはレストランがあったのですが、ある日、新人ウェイトレスの子がお客さんに料理を出す際に、持っていたお皿が傾いてお客さんのズボンにソースをこぼしてしまったことがありました。

幸い、そのお客さんは近所に住む馴染みのお客さんで、ウェイトレスが “I’m so sorry” と謝ったら “No problem. It’ll come out(シミは取れるから大丈夫だよ)” と笑顔で言ってくれたのですが、ウェイトレスは「大変なことをしてしまった!私がクリーニング代を出します!」と言い、その後も何度もお客さんに “Sorry” を繰り返していました。

確かに謝るべきことをしてしまったのですが、きちんと謝って許してもらえた後は、”Sorry” を言い続けると逆に相手を不快にさせてしまうことがあります。

謝罪の気持ちを伝えて、気持ちよく “It’s OK” や “Don’t worry” と受け入れてもらった後は “Sorry” をしつこく口にする必要はありません。

日本では電車が少し遅れただけでも謝罪のアナウンスが何度もあるのが普通ですが、これも日本独特なものだなぁと感じます。

日本人が “I’m terribly sorry” と言ってしまいそうな場面でも、英語では “Sorry!” だけで終了、なんていうこともありますので、この辺りは文化・習慣の違いで、それはそれでまた興味深いですよね。

こちらのコラムを合わせてどうぞ

“sorry” は日常会話にはとってもよく登場する単語で、いろんな場面で使われます。
これまでに紹介した “sorry” にまつわるもぜひ参考にしてみてくださいね!↓






こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS