“all right” と “alright” の違いは何?どう使う?

意外と間違えやすい “Dear 〜” の使い方をおさらい!
「さっき」って英語で何て言う?
意外と使える単語 “wonder”

スポンサーリンク

“all right” というフレーズがありますよね。

では、”alright” という単語も見たことがありませんか?

この “all right” と “alright”、どっちが正しいのでしょうか?

“all right” と “alright” の違い

簡単に言ってしまうと、この2つは意味的には同じです。

英英辞典を引いてみると、こんなふうに書いてあります↓

The spelling alright is less common than all right and is regarded by some people as an error. It occurs mainly in informal writing.(Merriam-Webster Learner’s Dictionary

確かに “alright” は “all right” よりもインフォーマルな感じがしますが、カジュアルなメールやSNSなどでは “alright” の方が多いのでは?と言うぐらいかなりよく見かけます。

なので、”alright” が一概に “less common” とは言えないかもしれません。そこで、この2つの違いを挙げるとすると、

スポンサーリンク

  • all right:正式なスペル。フォーマルな文章でも使える
  • alright:インフォーマルな文章で特によく使われる。ただ、正しくないとする人もいるので、フォーマルな文章では避けるのがベター

といったところだと思います。

“all right” の使い方いろいろ

“all right(alright)” は日常会話にとってもよく登場するフレーズの一つだと思います。

そこで次は、”all right(alright)” が実際にどんなふうに使われるのかを紹介します!

■「大丈夫」の “all right”

最もよく耳にすると言っても過言ではないのが「大丈夫」という意味での使い方です。
この使い方で “alright” を目にすることはとても多いです。

■「まあまあ」「悪くない」の “all right”

「とても良くはないけど良い」というニュアンスの “satisfactory, but not excellent” という意味で使われることもあります。これも “alright” と書かかれているのをよく目にします。

  • How was the movie?
    映画どうだった?
    It was alright.
    まあまあだったよ
  • The food was alright, but the service was terrible.
    食べ物はまあ美味しかったけど、サービスは最悪だった

■同意する時の “all right”

何かに誘われた時の返事で使う “all right” は「オッケー」というニュアンスの「いいよ」になります。「楽しみ!」というノリノリの感じとはちょっと違うのでご注意を。

  • Do you want to go out tonight? -All right.
    「今晩出かけない?」「いいよ」

Ohh....Alright...

■”Thank you”、”Sorry” の返事の “all right”

“all right” は、”Thank you” と誰かに言われた時や、”Sorry” と謝られた時に返すフレーズとしてもよく使われます。

スポンサーリンク

■「結構です」の “all right”

食べ物や飲み物をすすめられて、断る場合にも “all right” が使えます。

  • Would you like another coffee?
    コーヒーのおかわりはいかがですか?
    (No,) I’m all right. Thanks.
    結構です。ありがとう

■許可を求める時の “all right”

「〜してもよい」という意味でも “all right” が使われます。疑問文で使われることが多いです。

  • Would it be all right if I left early today?
    今日は早退してもいいですか?

■「分かった」の “all right”

  • Call me when you get home, all right?
    家に着いたら電話してね。分かった?
  • Hurry up! -All right, all right, I’m coming!
    「急いで!」「分かった分かったよ、今行くよ」

“alright” がよく使われているから使っても問題ない、ということではないですが、言葉は時代とともに変わるもので、”alright” は以前よりもよく使われるようになってきているようです。

ただ、先ほども紹介しましたが「”alright” は間違っている。”all right” と書くべき」という考えもあるので、使う場面には注意してくださいね。

イギリスの不思議な挨拶 “Alright?”

最後に、”alright” を使ったイギリスの不思議な挨拶を紹介したいと思います。

例えば、知り合いに会った時にこんなふうに声をかけます↓

  • You alright?
  • Alright?

これってどんな意味だと思いますか?
実はこれは「相手の具合が悪そう」とか「何かあったの?大丈夫?」的なニュアンスではなく、ただの「やあ!」という “Hi” 的な挨拶なんです。

イギリス英語の影響が強いニュージーランドでも、さすがにこの習慣はありません。耳にしたのはどれもイギリス出身の人からでした。

スポンサーリンク

私も初めて聞いた時は「え?」と思いましたが、イギリスではよくある挨拶なんだそうです。イギリスで “You alright?” といきなり言われてもドキッとしないでくださいね。

“all right(alright)” に関連するコラム

■”all right” は “OK” と似ています↓

■”Are you alright there?” は店員さんがよく使う表現です↓

■”Thank you” と言われた時の返事は “That’s all right” 以外にもたくさんあります↓

■”Sorry” と言われた時の返事でよく使われる “That’s all right”↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS