ネイティブが会話でよく使う「必ず◯◯してね」

「避難する」は英語で?地震の時に知っておきたい表現
教科書には載っていない “nail” の使い方
会話をはずませる相づちは意外と簡単

スポンサーリンク

「今日は7時までに必ず帰ってきてね」「あの本、絶対に明日持ってきてね」というような「必ず(絶対に)〜してね」という表現、日本語でもよく使いますよね。

これを英語で言うと、何て言えばいいんでしょうか?

“Come home by seven tonight” や “Please come home by seven” のように表現できなくもないですが、もう少し「絶対に」というニュアンスも上手に表したいですよね。

今日は、そんな時によく使われる表現のお話です。この表現、毎日耳にすると言ってもいい程ネイティブはとってもよく使っているんです。

簡単な単語を使ったフレーズ

「絶対に(必ず)〜してね」という場面で必ず出てくるフレーズとは “make sure” です。

“make” も “sure” も、どちらもシンプルな単語ですよね。
“make sure” の定義を英英辞書で見てみると、

ensure that something is done or happens

と書かれています。”ensure” も「確実にする」という意味でしたよね。

「必ず〜してね」とは「〜することを確実なものにして下さい」ということです。場面によっては「忘れずに〜してね」がしっくりくる時もあると思います。

でも、ここまで分かっていても実際の使い方を見てみないと、イメージがいまいち掴みにくいかもしれないので、例文をいくつか見てみましょう。

スポンサーリンク

“make sure” を使った例文

例えば、冒頭に出てきた「今日は7時までに絶対帰ってきてね」は “Make sure you come home by seven tonight” と言えます。

“Make sure you bring the book tomorrow” と言われたら「あの本、明日絶対に持ってきてね」ということです。

電話で誰かに伝言を頼む時の「必ず伝えてもらえますか?」も “Can you make sure he/she gets the message?” と表現できます。

他にも、私はニュージーランドで病院に電話して予約を取った時に “Please make sure you bring your passport” と言われたことがあります。

こんな風に “Please” を最初に付けて言うと「必ず〜して下さいね」とちょっと丁寧な言い方になるので、とってもよく使われます。

また、お店の自動ではないドアに “Please make sure to shut the door” という貼り紙があるのも、たまに見かけたりします。

atelier PRO - Lorentzschool, Leiden 28
© atelier PRO

他にも使える “make sure”

「〜を確実なものにする」という意味はそのままに、日本語訳にするとちょっと違った場合にも “make sure” は活躍します。

その場面とは「確認する・確かめる」というような時です。

日本語の「確認する」は「そうであるかどうか、はっきり確かめること」のような意味合いで使われますよね。”make sure” もそんな時に使えます。

例えば、旅行先のホテルに予約がきちんとされているか確かめる電話をする場合には “I’d like to make sure my reservation is confirmed” と言えます。

他にも、こんな場合に使えます。

例えば友達が失恋したとしましょう。特に用事が無くても、その友達が大丈夫かどうか気になったら電話をして “I just wanted to make sure you are ok” と言うこともできます。

また、寝る前にドアに鍵をかけたか不安になったら “I think the door’s locked, but I’ll go and make sure” と、ここでも「確かめる」といったニュアンスで使うことができます。

“make sure” はとってもよく使われる

“make sure” は会話の中で本当によく出てきます。日常会話・ビジネスに関わらず広く使われるフレーズです。

基本の「(〜を)確実なものにする」というイメージさえ掴めれば、日本語訳にとらわれずに使いこなせるようになると思います。

様々な場面で使われる “make sure”、会話の中でぜひ使ってみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS