簡単便利!たった1つで距離が表せる単語

相手への印象がグッと変わる否定の仕方
「問い合わせ」って英語で何て言う?
単位の英語、どうやって読む?

スポンサーリンク

友達との待ち合わせ。時間よりも遅れてしまいそうな場面を想像してみて下さい。

「ごめん、ちょっと遅れそう」
「今どのあたりなの?」
「あと15分で着くよ」

この「あと15分で着くよ」って、あなたならどうやって英語で表しますか?

実はある単語を使うと、とっても簡単に言えてしまうんです。

“take” は使わずに

時間が「かかる」という時にはよく “take” を使いますよね。
例えば “It takes about 15 minutes to get there” と言えば「15分で着きます」という意味です。

他には “I’ll be there in 15 minutes” なんかも「あと15分で着くよ」と言いたい場合にはよく使います。

でも、これらの表現以外にも、ある単語を使うと簡単に表せてしまうんです。
日常でとってもよく使われる表現なのですが、どんな単語を使うんでしょうか?

その単語とは “away” です。

日本語では、ちょっと場違いな所や周りに知らない人ばかりの状況で「アウェー感がある」なんていうふうに使われたりする “away” ですが、実はこの単語、日常会話では距離を表す時にとーってもよく登場するんです。

スポンサーリンク

“away” はとっても便利な単語

では、冒頭に出てきた「あと15分で着くよ」は “away” を使ってどうやって表せばいいんでしょうか?

“I’m fifteen minutes away!”
これだけです。とっても短くて簡単ですよね!

これで「私は15分離れたところにいる = 15分で行けます」ということになります。

他には、場所や建物までの距離も表すことができます。

例えば、家からビーチまでが徒歩5分という場所にあなたが住んでいるとします。
「ビーチまで5分です」と誰かに言う場合、どんなふうに表しますか?

“It takes five minutes to the beach”
“It’s just five minutes walk to the beach”

と言うこともできますが、”The beach is just five minutes away” とも言えてしまうんです。

同じように「博物館はバスでたった2駅です」なんかも “The museum is just two bus stops away” と簡単に表現できますし、「クリスマスまであと2ヶ月です」なんていうのも “Christmas is two months away” と言えてしまいます。

Te Papa Museum
© nzlife.net

“away” を使ったこんな表現も

今回のテーマ “away” は、距離を表すことができるんでした。
そのイメージがちゃんと掴めていると、こんな文章もすんなり入ってくるはずです。

“I’m just a phone call away”

直訳すると「私は電話1本離れている」ということですが、これがどんな意味になるか、もう何となく分かりますよね。

これは「電話1本で連絡がとれるぐらいの距離にいる = それぐらいすぐ連絡がとれるよ = いつでも遠慮なく連絡して」というニュアンスで使われます。

遠くに住んでいる友達に「何かあったらいつでも連絡してよ」という場合に “Remember, I’m just a phone call away” と言ったり、
“If you need me I’m just a phone call away” も「何か必要なことがあればいつでも連絡してね」を表す定番のフレーズです。

簡単な単語を上手に使い回そう!

今回紹介した “away” は、きっと誰もが知っている単語だと思います。

でも「(時間が)かかる」や「(距離が)どのくらい」を表す時には、上に出てきたような “away” を使わない英文が先に頭に浮かびますよね。

実は長い文章をわざわざ使わなくても “away” を使えば簡単に言えたりするので、会話の中で上手に使ってみて下さい!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS