「セール」と「バーゲン」の違いは何?

「どちらかというと…」って英語で何て言う?
知らないと分かりにくい、”be after” の意味
“just not” それとも “not just”?”just” の正しい位置は?

スポンサーリンク

年末から引き続き、年明けも「初売り」「新春セール」に「冬物バーゲン」と、お店はどこも安売りをしていたりしますよね。

では「セール」と「バーゲン」に違いはあるのでしょうか?

実は、英語の “sale” と “bargain” には明確な違いがあるんです。

英語の “sale” ってどんな意味?

日本語では「セール」と言えば「安売り」というイメージがありますよね。

でも、英語の “sale” はそうとは限りません。英英辞書には、”sale” の基本の意味がこう書かれています↓

the act of selling something : the exchange of goods, services, or property for money(Merriam-Webster Learner’s Dictionary

つまり、単なる「売ること」「販売」ということですね。安くても安くなくても、”sale” です。

  • Five people were arrested for the sale of illegal drugs.
    違法ドラッグの販売で5人が逮捕された

また、その “sale” に複数形の “s” が付いた “sales” は「販売数、売り上げ」という意味になります。

そして、”sale” には日本語で言うところの「安売りセール」「バーゲン」という意味もあるので、

スポンサーリンク

  • They are having a sale this weekend.
    あそこ、今週末セールしてるよ
  • I grabbed this in the sale.
    これセールで買ったんだ
  • Our annual winter sale is now on!
    (CMで)毎年恒例、冬のセール開催中!

のように使われます。ポスターで見かけるバーゲンの告知にも “SALE” と書かれています↓

SALE

では日本語で使われている「セール」は英語の “sale” だと分かったところで「バーゲン」とは何なのでしょうか?

英語の “bargain” ってどんな意味?

ちょっとスペリングが複雑ですが、”bargain” も英語です(古フランス語という言語に由来しているようです)。
でも、結論から言ってしまうと、”bargain” に「安売りセール」という意味はありません。

“bargain” を辞書で引いてみると、こんなことが書いてあります↓

something that is bought or sold for a price which is lower than the actual value : something bought or sold at a good price(Merriam-Webster Learner’s Dictionary

簡単に言うと「安売りされているもの、安く買ったもの」という意味なんですね。実際の価値のわりに値段がとても安いものを指して使います。

  • This was a real bargain!
    これすっごくお買い得だったんだ
  • I think it’s a bargain.
    それはお買い得だと思う
  • I’ve picked up some bargains there.
    そこでいくつか掘り出し物を買ったことがある

“bargain” とは「安売りセール」というイベントのことではなく「商品」のことなので、”I went to a bargain” とは言えません。

「バーゲンプライス」は和製英語?

日本では、セールになっている価格のことを「バーゲン価格」や「バーゲンプライス」なんていうふうに言ったりすることもありますよね。
それって日本でしか通じない和製英語なのでしょうか?

スポンサーリンク

実は、”bargain price” はちゃんとした英語なんです。しかも結構よく使われます。

  • I bought it at a bargain price.
    私はそれを特価で買いました
  • They sell quality furniture at bargain prices.
    あの店はいい家具を安く売っている

こんな形容詞的な “bargain” の使い方をすると、

  •  I just got a bargain ticket from Tokyo to New York.
    東京からニューヨーク行きの格安のチケットを買った

のようにも言えますよ。
英語で話す時は “sale” と “bargain” をしっかり使い分けてくださいね!

ショッピング関連のコラムはこちら

■”on sale” と “for sale” の違い、分かりますか?

■ネイティブ流の金額の読み方はこちら。$4.20は “four dollars and twenty cents” とは読まないことも多いんです↓

■「見ているだけです」のような、ショッピングで使う基本的な英語表現はこちらで紹介しています↓

■”Can I help you at all?” の “at all” の意味とは?

■「ピザ一切れください」「バナナ一房ください」を英語で言えますか?

スポンサーリンク

■アメリカでショッピングの日といえば「ブラックフライデー(Black Friday)」。詳しくはこちらをご覧ください!↓

■イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでは「ボクシングデー(Boxing Day)」が有名です↓

■お店の人がよく言う「レシートを取っておいてください」とは、どんな表現でしょうか?実は “keep” を使わないことも多いんです。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS