Home英語コラム

“introduce”、ちゃんと使えていますか?

“I missed you” の意味は「寂しかったよ」だけじゃない
「インフルエンザ・風邪が流行っている」を英語で言うと?
「嫌い」を英語でやんわり伝える方法

スポンサーリンク

“introduce” という単語がありますよね。

意味は「(人)を紹介する」だけでなく「(新しい制度・製品など)を導入する」という意味でもよく使われる単語ですが、今回は「紹介する」の使い方をおさらいしてみたいと思います。

「誰を誰に紹介する」を表すときの語順や、”introduce” の代わりによく使われる表現もあわせて紹介します!

「(人)を紹介する」introduceの使い方

早速ですが、”introduce” を使うと、以下の文はどんなふうに表せるでしょうか?

  1. John、太郎さんを紹介します
  2. 彼女は私をEmilyに紹介した
  3. 私は彼を家族に紹介した
  4. 自己紹介してくれる?
  5. 紹介したい人がいるのですが
  6. Tomを紹介してくれない?
  7. こないだ紹介した背の高い男の人、覚えてる?

「誰に誰を」紹介するのか、語順を整理してみましょう。

“introduce A to B” で「AをBに紹介する」

AさんをBさんに「紹介する」は、こんな語順になります↓

introduce A to B

“introduce” は「〜を紹介する」なので「誰に」は後ろに “to 誰” を付ければいいんですね。

なので、上の7つの文章は、例えばこんなふうに言えます↓

  1. John、太郎さんを紹介します
    John, I’d like to introduce Taro.
  2. 彼女は私をEmilyに紹介した
    She introduced me to Emily.
  3. 私は彼を家族に紹介した
    I introduced my boyfriend to my family.
  4. 自己紹介してくれる?
    Can you introduce yourself?
  5. 紹介したい人がいるのですが
    I’d like to introduce you to someone.
  6. Tomを紹介してくれない?
    Can you introduce me to Tom?
  7. こないだ紹介した背の高い男の人、覚えてる?
    Do you remember the tall guy I introduced you to the other day?

4番の「自己紹介」は「自分自身を紹介する」ということなので、”introduce oneself” になるんですね。

スポンサーリンク

5・6・7番を見てみると、”introduce 〜 to you/me” になりそうな気もしますが、こういった場合には “introduce you/me to 〜” という形が使われることがとても多いです。

“introduce” を使わない「紹介する」

例えば、上の例文の4番「自己紹介する」では “introduce oneself” を使った文章を紹介しました。 でも、日常生活では、

tell 人 about oneself

と言うことも多いんです。例えば、就職活動の面接で「自己紹介をしてください」と言われるときには、

  • Tell me about yourself.

という表現を私はとってもよく耳にしました。
また、5番の「〜さんを紹介したい」と言う場合なんかも、”introduce” ではなく “meet” を使って、

  • There’s someone I want you to meet. 
  • I want you to meet 〜.

みたいに言うことも多いです。普段の会話ではシンプルな単語を使いこなすことも大切ですね。

“introduce oneself” の大切さ

最後にちょっとした小話を。私がニュージーランドに来て、”introduce” に関して感じたことがあります。それは海外では日本以上に「introduce oneselfをすることが大切だな」ということです。

そもそも “introduce” の意味は、

to tell someone another person’s name the first time that they meet

Cambridge Dictionary

なので「最初に会ったときに相手に名前を言う」ということですよね。

私がニュージーランドで感じるのは、初対面で顔を合わせたときに、きちんと自分から名前を名乗って握手をしたり、挨拶をするというのが基本です。

スポンサーリンク

以前に英語で相手の名前を聞く方法というコラムでも紹介しましたが、もし初めて顔をあわせた時に名乗る機会を逃したとしても、会話の途中や次に話す機会があった時には “I’m 〜, by the way.” みたいに名乗ります。

以前、娘の学校の送り迎えで何度か顔を合わせていたけど、きちんと名乗って自己紹介をする機会がなかった人と何回目かに話した時に、

  • Sorry, I haven’t introduced myself properly yet.
    まだきちんと自己紹介してなくて、ごめんなさいね

と言われて私も気まずい思いをしたことがあります。

私は最初スムーズにできませんでしたが、とにかく初対面の人と話すときには “Hi, I’m 〜” と、まず自分から “introduce” することって結構大事だなと思います。

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS