「とりあえずビール」って英語でなんて言う?

“anniversary” の意味を正しく理解していますか?
「避難する」は英語で?地震の時に知っておきたい表現
「かわいい」だけじゃない!英語の “pretty”

スポンサーリンク

仕事の後の一杯って美味しいですよね。

居酒屋に入って席に着くやいなや「とりあえずビール!」と注文する人も多いのではないでしょうか。
そんな「とりあえずビール!」というセリフ、英語でも言ってみたくないですか?

今日は、ビールに限らず「とりあえず◯◯で」と言いたい時に使える、お役立ち表現を紹介します!

「とりあえず」ってどんな意味?

店に入って言う「とりあえずビール」って英語で何て言うんだろう?と考えた時に「とりあえず」という表現が思い浮かばないと英語で言えそうにないですね。

では、日本語の「とりあえず」ってどんな意味で使われているのでしょうか?

国語辞典で調べてみると「まず第一に、何はさておき」と書いてあるので「とりあえずビール!」は「何はさておき、まずはビールを一番にください!」ということですよね。

そんな「まずは◯◯を下さい」「まずは◯◯から始めます」と言うシチュエーションにぴったりの表現が、実は英語にもあるんです。

「とりあえず」を英語で言うと?

その表現とは “start” を使った “start off with” というフレーズです。これを使うと、

  • I’ll start off with a beer.
    とりあえずビール1つ

という感じに表せてしまいます。

スポンサーリンク

“start off” とはCambridge Dictionaryによると、

to begin by doing something, or to make something begin by doing something

という意味なので、”I’ll start off with a beer” は「私はビールで始めます」というニュアンスになります。

カフェやレストランなどで「〜を下さい」と言う場合には、”Could/Can I have 〜?” を使わずに “I’ll have 〜(私は〜にします)” と言うこともあります。
なので、”I’ll have a beer” と言ってもいいのですが、そこで “I’ll start off with 〜” を使うことによって「まず最初は〜をください」というニュアンスが出せるんですね。

Kirin

私は以前働いていた職場のレストランでこのフレーズをとてもよく耳にしました。

また、”I’ll start off with 〜” の表現は飲み物に限らず、前菜や軽い食事を「まずは〜を下さい(〜で始めます)」と注文する場合などにも使えます。

さらには、料理の注文に限らず「まずは簡単なエクササイズから始めましょう」と言うような場合にも “Let’s start off with some gentle exercises” のように使ったり、何かにコメントを述べる場合に “I’ll start off with some positives” のようにも使えます。

「今のところは」を英語で言うと?

「とりあえずビール」とはちょっとニュアンスが変わってきますが、注文する時に「◯◯と△△と□□と…」と注文して「とりあえずそんなところで」と言うこともありますよね。

「今のところはそれだけで、後で追加で注文します」というニュアンスで使われる「とりあえずそんなところで」というフレーズ。

そんな「とりあえず」には “for now” が活躍します。”for now” とは、

until a later time

という意味なので、まさしく「今のところは」という訳がピッタリですよね。
使い方としては、一気にいろいろと注文しないで、

  • I’ll have edamame and a Guinness for now.
    とりあえず今のところは枝豆とギネスで

と注文しておいて、後からさらに追加することができます。

また、”start off with 〜” が「まずは最初に〜を下さい」という意味の「とりあえず」に使うのに対して、”for now” は「今のところはそれを下さい」という意味なので、一番最初の注文に限らず使えます。

「◯◯と△△と□□と…とりあえず今のところはそれで」は、

  • That’s all for now.
  • That’s it for now.

と言えばオッケーです。

海外ではちょっとだけ注意が必要

日本では「とりあえずビール」で注文できることもありますが、海外(少なくともニュージーランド)では “start off with a Heineken” などと具体的に銘柄で注文した方がいいかもしれません。

ビールの種類、瓶ビールなのか生ビールなのか、またグラスの大きさもいろいろあるので、”a beer” だけだと何が欲しいのか分かってもらえないことが多いです。

これはワインやコーヒーでも同じなので、どのワインをグラス/ボトルで、どの種類のコーヒー(ブラックなのかカプチーノなのかetc.,)が欲しいのかを具体的に言えばOKです!

海外のレストランで役立つ表現はこちら

海外のレストランで入店から会計まで、シチュエーション別に役立つフレーズを紹介しています↓










こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS