Home英語コラム

COCOAって何の略?「接触確認アプリ」を英語で言うと?

“volunteer(ボランティア)” の本当の意味
「屈する」は “give up” じゃない?
「小雨、雨、大雨」は英語で何て言う?”rain” を使わないネイティブ表現

スポンサーリンク

先日配信が開始された、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」。

この「COCOA」はこのアプリの英語名称の頭文字をとった略語ですが、一体何の略なのでしょうか?

また、海外ではこういったアプリのことを英語で何と呼んでいるのかも合わせてお届けします!

接触確認アプリ「COCOA」は何の略?

「COCOA(ココア)」とは、

COVID-19
Contact
Confirming
Application

の略だそうです。”Contact(接触)”、”Confirming(確認)”、”Application(アプリ)” ということですね。こういう頭文字をとった略語は英語で “acronym” と言います。

最初の “COVID(新型コロナウイルス感染症)” は含めないんですね…。入れたら「COCOCOA」になって語呂が悪くなってしまうからでしょうか。

私は加藤厚生労働大臣が「コンタクト・コンファーミング・アプリケーション」と読み上げている映像を見て、何の略なのかを初めて知ったのですが、耳にしたときにすごく違和感がありました。

というのも、海外でもこういった新型コロナ対策の似たようなアプリがあるのですが、”contact confirming” という言葉は聞いたことがなかったからです。

スポンサーリンク

「接触追跡アプリ」 “contact tracing app”

“confirm” の意味と使い方は以前に詳しく紹介しましたが(こちら)、ザックリ言うと「間違いのないことをはっきり示す」という意味の単語です。

海外のコロナ対策のスマホアプリもこう呼ばれているかと言うと、そうではありません。英語ではこういったアプリは、

contact tracing app

と呼ばれています。

“tracing” の “trace” とは「探し出す、見つける」「(起源・原因など)をたどって突きとめる」という意味の単語です。陽性者が出た場合にその人の過去の行動履歴をもとに接触があった人(=感染の可能性がある人)を洗い出しますよね。それを英語で “contact trace” と言います(名詞は “contact tracing”)。

なので、”contact tracing app” は「接触追跡アプリ」と訳されることが多いです。でも、今回運用が開始された「接触確認アプリ(COCOA)」では追跡はしません。個人の行動履歴や位置情報は記録されずに、あくまでも感染が分かった人とあなたのスマホ端末が15分間1メートル以内に接近していたという事実を知らせることから「追跡アプリ」ではなく「確認アプリ」という名前になったようです。

日本のものと似ているドイツのアプリも「Corona-Warn-App」という名前なので「コロナ警告アプリ」ということですね。

アプリの名前は国によってそれぞれなものの、その目的は “contact tracing” をサポートすることなので、日本のアプリを英語で言いたい場合は “Japan’s contact tracing app” が伝わりやすいのではないかなと思います。

ニュージーランドでも政府が「NZ COVID Tracer」という名前のアプリを出しています。GPSで追跡されているのではなく、店舗や施設の入り口に貼ってあるQRコードを利用者がスキャンして各自の行動履歴データをアプリに蓄積していくというシステムですが、これも “contact tracing app” と呼ばれていますよ。

スポンサーリンク

「ココア」は英語では通じない?

最後に「COCOA」関連で、飲み物の「ココア」の話を。

「ココア」は英語で “cocoa” でも通じそうですが、これが意外に通じないんです。ココア的な飲み物は英語で “Hot chocolate” と言います。

実際には “hot cocoa” も英語として存在するのですが、圧倒的に “hot chocolate” という呼び方のほうが浸透しているので、カフェのメニューにも “Hot Chocolate” と書かれています。

ちなみに “hot cocoa” はココアパウダーと砂糖・牛乳で作り、”hot chocolate” は溶かしたチョコ(もしくはチョコレートパウダー)と牛乳で作るという違いがあります。

こんなふうに、英語で “cocoa” と言うと「ココアパウダー」を指すことが多いんです(”cocoa powder” とも言いますが)。

そして「ココア」が通じない理由がもう一つあります。それは発音です。”cocoa” の発音は「ココア」ではなく/ˈkəʊ.kəʊ/、アメリカ英語では /ˈkoʊ.koʊ/です。つまり「コゥコゥ」みたいな音になるのでご注意ください!

■日本人が苦戦する「チョコレート」の発音はこちらで紹介しています↓

■”confirm” の意味と使い方はこちら↓

■「濃厚接触」「濃厚接触者」を英語で言うと?

スポンサーリンク

■「陽性反応が出る」は英語で?

■「無症状の」って英語でなんて言う?

■「非接触決済」「非接触デリバリー」の英語表現はこちら↓

こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS