英語っぽいのに通じない単語たち 4 ファッション編

スポンサーリンク

これまでに、シリーズ第1回第2回 家のなか編第3回 食べ物編 とお届けしてきましたが、第4弾はファッション編です。

第1回で「トレーナー」は和製英語だとお話ししましたが、今回はファッション関連の数ある通じない言葉たちの中から3つを紹介します。

女性だけでなく、男性も知っててソンはないですよ!

トレーナーと似ている、パーカー

トレーナー(英語では “sweatshirt”)にフードが付いた、日本では「パーカー」と呼ばれる上着。
実は、これも和製英語だったんです。

“parka” という英単語が実際に辞書に載っているのですが、これは分厚いウィンドブレーカーなどの防寒具やイヌイットが着るフード付きの毛皮ジャケットを意味します。

では、普段おしゃれで着る「パーカー」は英語では何て言うのでしょうか?
“sweatshirt” にフードが付いているだけなので “hooded sweatshirt” でも通じるのですが、ネイティブは違う単語で言うことが多いでしょう。

それは・・・”hoodie” です。洋服のお店で見かけるPOPにも、”hoodie” と書いてあるのをよく見ます。

女性は覚えておきたい、ワンピース

「ワンピース」が英語じゃないなんて、詐欺じゃないですか?って言いたくなるぐらい、英語っぽい響きですよね?「ワンピース=one piece」で意味も何となく分かりそうな気がします。

それもそのはず、”one-piece” も辞書に載っている立派な英単語なんです。
でも、日本人が通常「ワンピース」と呼んでいる女性の洋服は英語では “dress” と呼ばれます。

スポンサーリンク

ディズニーの映画に出てくるお姫様が着ているのも “dress” ですが、普通の「ワンピース」も “dress” なんです。

13/52 "french"

↑ これは英語では “dress” です。

では、”one piece” という英単語はどういう意味で使われるのでしょう?
それは女性用水着によく使われます。ビキニのように上下が分かれていないスクール水着のような形の水着を “one piece swimsuits” や “one piece bathing suits” と呼んだりします。

洋服のサイズを表す「◯◯◯サイズ」

最後は、ファッションのアイテムではないですが、サイズのお話です。

『もうちょっと小さいサイズないですか?』『こちら、フリーサイズとなっていますので・・・』と、洋服屋さんでこんな経験ないですか?

洋服に限らず、帽子や靴下などもサイズが一つだけしかないものを日本では「フリーサイズ」と呼びますよね。自由なサイズという意味で使われ始めたのかもしれませんが、これは海外では通じません!

では、「フリーサイズ」に代わる英単語を覚えましょう。
“one-size-fits-all” です。

直訳すると、一つのサイズが全ての人に合うという意味になるのですが、知らないとなかなか想像して浮かんでくる単語ではないので、意味を理解した上で覚えておくといいですね。もうちょっと短い単語だと覚えやすいのですが・・・

間違えると恥ずかしいのもあるので注意です

和製英語を英語の会話で使って、「Pardon?」と言われるだけなら良いんですけど、”I bought a new one piece for the party”なんて言ってしまうと人によっては「スクール水着をパーティーのために買ったわ♪」と何だか大きな誤解を生む会話が生まれてしまいます。

どの言葉が和製英語かわからないことも多いんですけど、英語の勉強も兼ねていちいち調べても良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS