「働く」だけじゃない!名詞の “work” を使いこなそう

“Where?” を使わずに「どのあたり?」
“but” の代わりに使いたい “though”
イギリス英語の基本?”lovely” の使い方

スポンサーリンク

“work” と言えば、動詞の「働く」という意味を真っ先に思い浮かべませんか?

でも私はニュージーランドで暮らし始めてから、”work” は名詞でもとってもよく使われるなと感じるようになりました。

そこで今回は、日常生活でよく使う、名詞の “work” の使い方を紹介したいと思います。

“work” と “job” の違いについても 紹介します!

“work” と “job” の違いって何?

“work” と “job”、どちらも「仕事」と訳されるので混乱してしまいがちですよね。しかも、お互いの意味がかぶっている部分もあったりしてややこしいです。

一番大きなポイントは、”work” が仕事・労働全般の “activity(活動)” のことを指して広い意味で使われるのに対して、”job” は具体的な職業・職種・仕事内容などを表す「職業としての仕事」に使われることが多いです。

実際の使い方からイメージすると分かりやすいと思うので、今回は “work” に焦点を当てて紹介したいと思います!

“work” で表す「仕事」

日本語でも「仕事」という名詞はよく使いますよね。例えば、

  • 仕事はどう?
  • 今日はやるべき仕事がたくさんある
  • ジョンはまた仕事に遅れた
  • 仕事の後、飲みに行かない?
  • ごめん、土曜日は仕事なんだ…
  • 仕事、何時に終わる?
  • (休暇終わりに)仕事に戻りたくないよー

これらはどれも「職業としての仕事」ではなく「活動としての仕事」を指しているので、これ全部 “work” で言えちゃうんです。

スポンサーリンク

  • How’s work?
    仕事はどう?
  • I have a lot of work to do today.
    今日はやるべき仕事がたくさんある
  • John was late for work again.
    ジョンはまた仕事に遅れた
  • Do you want to go grab a drink after work?
    仕事の後、飲みに行かない?
  • Sorry, I have work on Saturday.
    ごめん、土曜日は仕事なんだ
  • What time do you finish work?
    What time do you get off work?
    仕事、何時に終わる?
  • I don’t want to go back to work!
    (休暇終わりに)仕事に戻りたくないよ

のような感じですね。
ここで大事なのは、”work” は「活動としての仕事」という概念なので数えられない名詞ということです。”a” がついたり、”works” にはならないんですね。

Tokyo 1965

“work” は「職場」も表せる

そして、普段の会話で私がよく耳にするなぁと思ったのが、こんな意味の “work” です↓

(used without ‘the’) the place where you do your job(オックスフォード現代英英辞典

「職場」ですね。この「職場」という意味の “work” は何かと使い勝手がいいんです。例えば、

  • I have to go to work early tomorrow.
    私は早く仕事に行かないといけない

この “go to work” の “work” は動詞ではなくて名詞で、”to” は前置詞なんです。「仕事場・職場に行く」ということですね。
“work” が名詞だと意識せずに使っていた方も多いのではないでしょうか?

こんなふうに「職場」という意味で使う “work” には “the” がつきません。 他の使い方を挙げてみると、

  • I usually leave for work at seven.
    私はたいてい7時に仕事に出かける
  • I always get to work at 8.30am.
    私はいつも8時半に職場に着く
  • I have to leave work early today.
    今日は仕事を早退しないといけない
  • We met at work.
    私たちは職場で出会いました
  • Can you drop the kids off at day care on your way to work?
    仕事に行く途中で子どもたちをデイケアで降ろして行ってくれない?
    (子どもたちをデイケアに送って行ってくれない?)
  • There are lots of good restaurants near work.
    職場の近くにいいレストランがたくさんある

褒める時にも使う “work”

その他にも “work” には人を褒める時にも使われます。

  • Good work!
  • Nice work!
  • Great work!

人が何かを上手くやり遂げた時や成功した時に褒める「よくやった!」「よくできたね!」「いいね!」「素晴らしい!」で、”Good on you!” や “Well done” みたいな感じで使われることがあります。

場合によっては、相手の努力と成功をねぎらう「お疲れ様」みたいな感じにもなります。そして、

  • Keep up the good work!

も「その調子で頑張って!」というような場合によく使われるフレーズなのですが、ここにも “good work” が使われていますね。

動詞の “work” の覚えておきたい使い方

動詞の “work” は「働く」以外に「うまくいく」という意味でもとてもよく使われます↓

仕事で役立つフレーズはこちら

過去に紹介した、仕事で役に立つフレーズはこちらです。ぜひ合わせてご覧ください!











こんな記事もよく読まれています

スポンサーリンク

COMMENTS