ロースト・グリル・ベイクって、何が違う?

意外に盲点!?「病院に行く」を英語で
相手が言っていることが聞き取れなかったら 2
“I’m sorry to be late” は使わない?

スポンサーリンク

日本語なら「焼く」という言葉が使われる場面で、英語ではいろんな違った単語が登場します。

英語の料理番組や海外でレストランに行った時にメニューなどでよく目にする、”roast”、”grill”、”bake”。これらの違いって、一体何なのでしょうか?

他にもまだある「焼く」の単語も合わせて紹介します!

「ロースト」って何?

「ロースト」と言えば、どんな料理をイメージしますか?

私は、ローストビーフとローストチキンを真っ先に思い浮かべましたが、どちらもお肉のかたまりをオーブンでじっくり焼いたり、火でじっくり炙り焼きにするイメージです。

では、英語の “roast” の定義はどうなっているのか見てみましょう。
オックスフォード新英英辞典には、

cook (food, especially meat) by prolonged exposure to heat in an oven or over a fire

と書いてあります。”prolonged” は「長い間続いている」という意味なので、やはりオーブンや直火で熱にさらしてじっくり調理するというイメージは間違っていないようですね。

他にも、ローストポテトという料理もありますが、これもオーブンでジャガイモをじっくり焼いたお料理ですよね。

ちなみに “roast” は動詞の意味だけではなく、”roast potatoes” のように後ろに名詞が続くと「焼けた」「あぶった」という意味の形容詞にもなるので、ローストビーフは “roasted beef” ではなく “roast beef” が正解です。

スポンサーリンク

「グリル」のイメージ

グリルと言われると、どんなイメージがありますか?

私は魚焼きグリルを真っ先に思い浮かべましたが、英語の “grill” は魚だけに使われるのではなく、もちろんお肉や野菜にも使われる単語です。

英英辞典ではどう書かれているのか見てみると、

cook (food) using a grill

と書かれてあります。

Grilling Out - 25OCT09

“a grill” とは、上の写真のような「焼き網」や「グリル」と呼ばれる調理器具のことですが、それを使って強い火で「焼く」のも “grill” です。

強い火で焼くので、”grill” された食材にはたいてい焦げが付いてたりするので、”grill” にはこの「焦げ」や「焼き色」のイメージがあります。

そして、実は “grill” はイギリス英語とアメリカ英語で少し違いがあるんです。

アメリカ英語で “grill” は、たいてい上で紹介した意味で使われますが、イギリス英語ではオーブン(の主に上火)を使って高温で焼くことも “grill” と言います。

アメリカ英語ではこれを表す時に “broil” という単語を使い、オーブンの “broil” 設定では上火が高温になったり火が出たりします。

「ベイク」ってどんな時に使う?

日本語で「ベイク」が使われている食べ物は、ベイクドポテトやベイクドチーズケーキなどがありますが、英語でも “bake” はパンやケーキ、お菓子を「焼く」時によく使われる単語です。

早速、英英辞書の定義を見てみると、

・cook (food) by dry heat without direct exposure to a flame, typically in an oven.
・to cook food in an oven without extra fat or liquid

と書かれていますが、”dry heat” と “without extra liquid” というのが “bake” のポイントです。

直火を使うのではなく、オーブンの乾燥した熱気で、しかも水分を足さずに調理する方法が “bake” です。

なので、出来上がりは水分が飛んで、表面はカリッとパリッとしていることが多いです。
“bake” したものを食べる時は口の中がモソモソするので、一緒に飲み物が欲しいイメージもあります(笑)

Xmas Cookies

では、ベイクドポテトとローストポテトは何が違うのでしょう?

ベイクドポテトはオーブンにそのまま入れて焼くのに対して、ローストポテトはじゃがいもと油を一緒に入れて焼きます。

パンもクッキーもケーキも、そのままオーブンに入れて焼きますよね。なので “bake” が使われるわけです。

また “bake” には「(火や熱によって)焼き固める」という意味もあり、陶器やレンガなどを「焼く」にも “bake” が使われます。

その他にもある「焼く」を表す単語

“roast”、”grill”、”bake” 以外にも、レストランのメニューなどで目にする「焼く」という表現があります。

その一つが “sear” で「表面を焦がす」という意味です。

「マグロのタタキ」は英語では “seared tuna” と呼ばれています。表面だけサッと焼いて、中まで火を通さない “sear” の感じがイメージしやすいと思います。

また、他には “pan-fry” というのもあります。
これはフライパンに少量の油を入れて揚げ焼きにするようなイメージです、

“pan-fry” という調理法は、魚によく使われていて “pan-fried salmon” などのメニューを見かけますが、これはフライパンに油やバターを入れて焼いたサーモンです。

日本語の「焼く」は便利な言葉で、それ一つで済むのに、英語にすると色んな表現があって、ややこしいですよね。
でも、それぞれの単語のイメージを掴めれば、レストランでメニューを見た時にもどんなお料理なのか理解しやすいと思います!

レストランで役立つ表現はこちら!

海外でレストランに行く時に知っておきたい英語表現は、以下のコラムでも紹介しているので、あわせてご覧ください!










スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS