基本の動詞をイメージで捉えると会話がグンと上達する

ネイティブがよく使う “catch” の表現
英語にも略語がいっぱい?スラングあれこれ
“Do your best” は「頑張ってね」ではない

スポンサーリンク

私がニュージーランドで生活をするようになって、耳も英語にちょっと慣れてきた頃に思ったことがあります。それは・・・

ネイティブは意外と簡単な単語で会話している

ということでした。同じように感じたことがある方、いらっしゃいませんか?

もちろん難しい単語を使っていることだってありますが、私たちが中学校で習った基本の動詞(do・have・put・take・get・make・giveなど)の登場回数の方が圧倒的に多いんです。

頭の中で英文を考える時に「これって動詞で何か単語があったような・・・」と思い出せない時なんかは、答えを聞くとあっけないほど基本の動詞で表現できたりします。

じゃ、文章ではどうなの?

会話では簡単な基本の動詞が頻出します。が、それがそのまま文章にも当てはまるかと言えば、残念ながらそうではありません。

なぜでしょうか?

日本語で考えてみたら分かりやすいですが、書き言葉は話し言葉とは違いますよね。それは英語でも同じです。話し言葉がそのまま文章に使えるかというと、その限りではありません。

例えば、あるイベントが延期になった場合、話し言葉では “put off” が使われることが多いですが、紙面になると “postpone” の方が圧倒的によく使われます。

スポンサーリンク

特に新聞などの場合には、最初はちょっと易しめの単語で表現されたとしても、その後には同じようなニュアンスの難しい単語がずらずらずらと並んでたりします。

Insanity turns inmates into patients

英語の特性を理解しよう

その理由に、英語には【同じ表現が反復するのを避ける】という特性があります。

例えば、45歳のハリウッド女優が新聞記事に載ったと仮定しましょう。名前はエリザベスにでもしておきます。

記事の文章にはその女優を表す言葉が、見事にたくさん出てきます。
“Elizabeth” はもちろんのこと、”She” “The 45 year-old” “The actress” と手を変え品を変え出てきますが、全部同じ人のことを指しています。

【反復を避ける】という英語の特性がそうさせているんですね。

話がちょっとズレました

ちょっと話がずれてきましたが、今回の話は基本動詞のお話でした。

会話は基本の動詞だけでも成立するんじゃないかと思うほど、基本の動詞がたくさん使われるので、基本の動詞のイメージさえ掴んでマスターすれば、会話がグーンと上達すること間違いなしです。

次回以降は、どんなふうにイメージを捉えるのか、よく使われる例を挙げながら紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

COMMENTS